トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

ゼミ生の業績リスト のバックアップ(No.3)


これまでの業績

論文

  • 久保順子,辻慶太,杉本重雄 (2010)
    「異なる学問分野のコーパスを利用した専門用語抽出手法の提案」
    情報知識学会誌, vol.20, no.1, p.15-31.
  • 木川田朱美,辻慶太 (2009)
    「国立国会図書館におけるポルノグラフィの納本状況」
    図書館界, vol.61, no.4, p.234-244.
  • 矢作明子,辻慶太 (2009)
    「フィルタリングソフトの性能と公共図書館への導入状況に関する実態調査」
    図書館界, vol.60, no.5. p.290-301.

国際会議

  • Nagami, Soichiro and Tsuji, Keita (2010)
    “University Libraries' Collection of Sports Books and their Students' Sports Performances,”Proceedings of the 2nd Qualitative and Quantitative Methods in Libraries International Conference (QQML2010). (25th-28th (27th) May, 2010 at Conference Center Office of MAICh, Crete, Greece) 8p. (No Pagination).
  • Kubo, Junko, Tsuji, Keita and Sugimoto, Shigeo (2010)
    “Automatic Term Recognition based on the Statistical Differences of Relative Frequencies in Different Corpora,”Proceedings of the Seventh International Conference on Language Resources and Evaluation (LREC2010). (19th-21st (19th) May, 2010 at Mediterranean Conference Centre, Malta) p.670-676.
  • Kikawada, Akemi and Tsuji, Keita (2009)
    “Does the National Diet Library Have Pornographic Books?”Proceedings of the Asia-Pacific Conference on Library & Information Education & Practice 2009 (A-LIEP 2009). (6th-8th (7th) March, 2009 at Tsukuba University, Japan) p.172-181.

国内学会発表

  • 荒井俊介,辻慶太 (2010)
    「ブログやTwitterに書かれた疑問を収集・提供するウェブサイトの構築
    −レファレンスサービスのアウトリーチに向けて」
    2010年度日本図書館情報学会春季研究集会発表要綱. (2010年5月29日京都府京都市 同志社大学) p.67-70.
  • 佐浦敬之,辻慶太 (2009)
    「公共図書館における利用履歴の活用に関する意識調査」
    第57回日本図書館情報学会研究大会発表要綱. (2009年10月31日-11月1日東京都千代田区 明治大学,31日) p.1-4.
  • 木川田朱美,辻慶太 (2008)
    「国立国会図書館における成人向け出版物の納本状況」
    2007年度日本図書館情報学会春季研究集会発表要綱. (2008年3月29日東京都文京区 東京大学) p.7-10.
  • 工藤智佳,辻慶太 (2006)
    「Web 上の質問応答対の自動抽出に有用な表現」
    第54回日本図書館情報学会研究大会発表要綱. (2006年10月21-22日福岡県北九州市 九州女子大学, 22日) p.121-124.

辻が第一著者の業績はこちら[http://tsujikeita.hp.infoseek.co.jp/gyoseki.html]