Kepler(GK104, GeForce GTX 680)について

  • 28nmプロセスで580に比べて低消費電力(TDP 244->195W)
  • SMX(Streaming Multiprocessor eXtreme) : 192個のSP, L1/共有キャッシュ,テクスチャユニット×16,ジオメトリエンジン(PolyMorph Engine v2.0)
  • GPC(Graphics Processing Cluster) : SMX×2で構成.GTX 680ではGPC×4を搭載するのでコア数は1536(GTX580では512).
  • ROP(Rendering Output Pipeline)ユニット(ピクセルシェーダからの出力をビデオメモリに書き込む)x8のパーティションx4で32ROP(Fermiの48ROPから減少).
  • GDDR5.メモリインターフェース幅は256bit(GTX580は384bit), メモリバス帯域幅は192.26GB/s(GTX580は192.38GB/s, メモリクロックが1.5倍になっているので,インタフェース幅の減少分を吸収している).
  • GPU Boost : IntelのTurbo Boostと同じようにGPUコアクロックと電圧を状況に応じて変更

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-03-23 (金) 11:52:58