Lax-Wendroff法(または,ライス(Leith)法)*1では線形補間の代わりに2次多項式を使った補間で近似を行う.2次多項式の係数を求めるために,グリッドiとその両隣(i-1,i+1)の3つの値Lax-Wendroff.eq1.gifを用いる.

2次多項式は,

Lax-Wendroff.eq2.gif

ここで各係数は,

Lax-Wendroff.eq3.gif

Lax-Wendroff.eq4.gifとすると移流方程式の近似更新式が得られる.

Lax-Wendroff.eq5.gif

風上差分と同様に中心差分に拡散項を加えたものになっている.拡散項の係数が異なるのが風上差分との違いである.


*1 P. Lax and B.Wendroff, "Systems of conservation laws", Commun. Pure Appl Math. 13, pp.217-237, 1960.

添付ファイル: fileLax-Wendroff.eq5.gif 505件 [詳細] fileLax-Wendroff.eq4.gif 474件 [詳細] fileLax-Wendroff.eq3.gif 454件 [詳細] fileLax-Wendroff.eq2.gif 463件 [詳細] fileLax-Wendroff.eq1.gif 412件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-10-28 (金) 19:34:03 (3258d)