• ビルド
    1. ダウンロードしたファイルを解凍
    2. (2.8.1以前) 解凍したフォルダのVisualStudio/2012/freeglut.slnがVS2012用のソリューションファイル.freeglut.slnを開いてビルドする.スタティックビルドの場合はプロジェクト構成で*_Staticというのを選択する.
    3. (3.0.0以降) CMakeをインストールし,CMake(GUI)で"Where is the source code"にfreeglutを解凍したフォルダ(srcフォルダではないので注意),"Where to build the binaries"にプロジェクトを作成するフォルダへのパスを入力し,"Configure"→ビルドオプション指定→"Generate"でプロジェクトを作成,ソリューションファイルを開いてビルドする.
  • インストール
    解凍フォルダ直下のinclude/GLフォルダ内にインクルードファイルがある.GLフォルダごとプロジェクトのインクルードディレクトリにコピーするか,includeフォルダをインクルードディレクトリとして設定する.
    ライブラリファイルは解凍フォルダ直下(CMakeを使った場合はプロジェクトを作成したフォルダ直下)のlibフォルダにある. ダイナミックライブラリの場合は,
    freeglut.dll freeglut.lib
    がRelease,Debugフォルダにできているので,適切なフォルダにコピーする.
    スタティックビルドの場合は,
    freeglut_static.lib
    が生成されている.こちらも適切なフォルダにコピーする.さらに,スタティックビルドの場合は,コンパイル時のプリプロセッサに
    FREEGLUT_STATIC
    を指定する.

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-11-02 (水) 14:55:29 (1623d)