#author("2020-07-02T12:21:57+09:00","default:pbcglab_user","pbcglab_user")
#author("2020-07-02T12:26:25+09:00","default:pbcglab_user","pbcglab_user")
std::map,multimap

-----
#contents
-----

*map,multimap [#aaa76922]
キーと値を関連付けて格納する連想コンテナ.
multimapはmapのキーの重複を許したバージョン.

クラスのテンプレート仕様は,
 template < class Key, class T, class Compare = less<Key>,
            class Allocator = allocator<pair<const Key,T> > > class map;
 template < class Key, class T, class Compare = less<Key>,
            class Allocator = allocator<pair<const Key,T> > > class multimap;
となっており,
定義時にキーのデータ型,値のデータ型,比較関数,アロケータのタイプを指定することができる.
標準のアロケータにはpair構造体が使われている.
#code(C){{
template<class Key, class Value> struct pair
{
	typedef Key first_type;		// キーの型
	typedef Value second_type;	// 値の型

	pair() : first(Key()), second(Value()) {}	// デフォルトコンストラクタ
	pair(const Key& _Val1, const Value& _Val2) : first(_Val1), second(_Val2) {}	// 値指定のコンストラクタ

	template<class _Other1, class _Other2>
		pair(const pair<_Other1, _Other2>& _Right) : first(_Right.first), second(_Right.second) {} // 互換性があるpairを用いたコンストラクタ

	void swap(pair<Key, Value>& _Right)		// スワップ
	{
		if(this != &_Right){
			_STD _Swap_adl(first, _Right.first);
			_STD _Swap_adl(second, _Right.second);
		}
	}

	Key first;		// キー
	Value second;	// 値
};

template<class Key, class Value> 
inline pair<Key, Value> make_pair(Key _Val1, Value _Val2)
{
	return (pair<Key, Value>(_Val1, _Val2));
}
}}
上記の例はVisual Studio 2008の場合.
pairのコンストラクタを用いる以外に,
make_pair関数を用いてもpairオブジェクトを作成できる.


***インクルード [#wb69dac7]
 #include <map>

***初期化(コンストラクタ) [#efa312b9]
 explicit map(const Compare& comp = Compare(),
                const Allocator& = Allocator());
 template <class InputIterator>
  map(InputIterator first, InputIterator last,
        const Compare& comp = Compare(), const Allocator& = Allocator());
 map(const map<Key,T,Compare,Allocator>& x);

***要素アクセス([],begin,end,rbegin,rend) [#oa94ad51]
-[] : キーを指定することで値を得る.対応する要素がなければ生成して返す.multimapでは使えない.
***要素アクセス([],at,begin,end,rbegin,rend) [#oa94ad51]
-[] : キーを指定することで値を得る.対応する要素がなければ生成して返す.mapの中身を変更してしまう可能性があるのでconstなmapには使えない.新たな要素を追加したくない/constなmapで使いたいという場合はatを使おう.
multimapでは使えない.
 T& operator[](const key_type& k);

-at : キーを指定することで値を得る.オペレータ[]を使ったアクセスと違ってこちらは対応する要素がなければout_of_range例外となる.
 T& at(const key_type& x);
 const T& at(const key_type & x) const;

-begin(),end() : コンテナの最初のイテレータ,最後の次のイテレータを返す.イテレータを用いた要素アクセスに使用.
 iterator begin ();
 const_iterator begin () const;
-rbegin(),rend() : コンテナの最初の逆イテレータ,最後の次の逆イテレータを返す.イテレータを用いた要素逆順アクセスに使用
 reverse_iterator rend();
 const_reverse_iterator rend() const;
使用例
#code(C){{
#include <iostream>
#include <map>
#include <string>
using namespace std;

int main(void)
{
	map<int, string> x;

	// 背番号と名前
	x.insert(pair<int, string>( 9, "M. Murton"));
	x.insert(pair<int, string>( 5, "K. Hirano"));
	x.insert(pair<int, string>( 1, "T. Toritani"));
	x.insert(pair<int, string>(25, "T. Arai"));
	x.insert(pair<int, string>(67, "C. Brazell"));
	x.insert(pair<int, string>( 2, "K. Jojima"));
	x.insert(pair<int, string>( 7, "S. Fujikawa"));
	x.insert(pair<int, string>(31, "W. Lin"));
	x.insert(pair<int, string>(14, "A. Noumi"));

	// マップの内容の表示
	map<int, string>::iterator iter;
	for(iter = x.begin(); iter != x.end(); ++iter){
		cout << iter->first << "  " << iter->second << endl;
	}

	return 0;
}
}}
実行結果
 1  T. Toritani
 2  K. Jojima
 5  K. Hirano
 7  S. Fujikawa
 9  M. Murton
 14  A. Noumi
 25  T. Arai
 31  W. Lin
 67  C. Brazell

***サイズ確認(size,max_size,empty) [#hf3d5926]
-size() : コンテナのサイズを返す関数
 size_type size() const;
-max_size() : コンテナが確保可能な最大サイズを返す関数.予約領域ではない
 size_type max_size () const;
-empty() : コンテナが空だったらtrueを返す関数
 bool empty () const;

***編集(insert,erase,clear,swap) [#z1c38685]
-insert(val) : 要素を挿入する.
 pair<iterator,bool> insert(const value_type& x);
 iterator insert(iterator position, const value_type& x);
 template <class InputIterator>
  void insert(InputIterator first, InputIterator last);
-erase(iter) : 要素を削除する.
 void erase(iterator position);				// イテレータで示された位置の要素削除
 size_type erase(const key_type& k);			// キーがxである要素を削除
 void erase(iterator first, iterator last);	// イテレータで示された範囲の要素削除
-clear() : コンテナのクリア.全要素を削除する.
 void clear();
-swap() : 2つのコンテナのスワップ.
 void swap(map<Key,T,Compare,Allocator>& mp);

***マップの走査(find,count,lower_bound,upper_bound,equal_range) [#p70c2502]
-find(k) : キーがxである要素を検索してそのイテレータを返す.見つからなければ末尾のイテレータ(end())が返される.
 iterator find(const key_type& k);
 const_iterator find(const key_type& k) const;
-count(k) : マップ内のキーがxである要素の数を返す(mapでは0か1,multimapでは数)
 size_type count(const key_type& k) const;
-lower_bound(k) : キーがx以上である最初の要素を示すイテレータを返す
 iterator lower_bound(const key_type& k);
 const_iterator lower_bound(const key_type& k) const;
-upper_bound(k) : キーがxより大きい最初の要素を示すイテレータを返す
 iterator upper_bound(const key_type& k);
 const_iterator upper_bound(const key_type& k) const;
-equal_range(k) : キーがxである要素の範囲(イテレータのpair)を返す(mapでは1要素のみ)
 pair<iterator,iterator> equal_range(const key_type& k);
 pair<const_iterator,const_iterator> equal_range(const key_type& k) const;

***比較関数(key_comp,value_comp) [#z80dc691]
-key_comp() : キーの比較関数オブジェクトを返す
 key_compare key_comp() const;
-value_comp() : 値の比較関数オブジェクトを返す
 value_compare value_comp() const;

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS