wxWidgetsとは

wxWidgetsはオープンソース,マルチプラットフォームのC++ライブラリで, 簡単にGUIを構築することができます.対応している環境は, Windows, OS X, Linux, Unixのほか,モバイルプラットフォームとしても, Windows Mobile,iPhone SDKやGTK+が組み込まれているものに対応しています. また,32bit,64bitどちらも対応しています. 他のクロスプラットフォームのGUIツールキットと違い, GUIの外観は使用するプラットフォームのネイティブなものとなります. これは,各環境のネイティブAPIを使っているからです(GUIをエミュレートしているのではない).

GUIだけでなく以下のような機能もあります.

  • ネットワーク
  • クリップボード対応
  • ドラッグアンドドロップ
  • マルチスレッド
  • 画像読込み,保存(主要なフォーマットに対応)
  • データベースサポート
  • HTML表示と印刷

ライブラリのビルド

Visual Studioでのビルド方法

  • ダウンロードページ(SourceForge)から プラットフォームにあわせたファイル(WindowsならwxWidget-*.*.*.zipもしくはwxMSW-*.*.*-Setup.exe)をダウンロードして, 解凍,もしくは,インストールする.以降,解凍先フォルダ,または,インストール先フォルダを$(WX_HOME)とする.
  • $(WX_HOME)/build/mswフォルダにVisual Studio各バージョンごとのソリューションファイルが置かれているので, 環境に合ったものを開く(2003ならwx_vc7.sln, 2005ならwx_vc8.sln, 2008ならwx_vc9.sln).
    1. OpenGLキャンパスを使いたいならば,coreもしくはbaseプロジェクトのSetup Headers内の「setup.h」の

      #define wxUSE_GLCANVAS が 1 になっていることを確認する.

    2. スタティックビルドにしたいならば,全てのプロジェクトを選択して,プロジェクトのプロパティで "C/C++" -> "コード生成" -> "ランタイム ライブラリ"を"マルチスレッド" or "マルチスレッド デバッグ"にする.
  • "ビルド" -> "ソリューションのビルド" で全てのプロジェクトをビルドする.
  • 正常にビルドできたら,$(WX_HOME)/lib/vc_libにライブラリファイルと「setup.h」を格納したフォルダができている.
  • $(WX_HOME)/samplesにサンプルソースがたくさんあるのでどれか開いてみてビルドできるか確かめる.例えば,"controls"はさまざまなGUIウィジット をタブで切り替えられるサンプルである.
    1. $(WX_HOME)/samples直下にsamples.dswはあるが,slnファイルはない.dsw(Visual Studio 6.0以前に用いられていたワークスペースファイル) を開いて変換しても良いが,各サンプルフォルダにはVisual Studio各バージョン用のプロジェクトファイルがあるので,そちらを開いた方がよいかもしれない.
    2. もし,ライブラリ作成でスタティックビルドにしたならば,サンプルも同様にすること.

ヘッダ,ライブラリのリンク

参考URL


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-10-27 (木) 15:09:18 (3259d)