Research Interests

Keywords: Human Computation, Cognitive Psychology, Educational Technology

人の知性と人工知能を調和させる「融合知能」のデザインを研究しています。
 人の認識能力を人工知能が超えるのは珍しいことではなくなりました。しかし自然災害のような毎度状況が異なるケースでは人の判断能力の方が迅速に対応できます。よって双方の能力を円滑に組み合わせる仕組みが今求められています。好奇心や報酬などに基づく行動心理、絵の背景と形を瞬時に把握できるゲシュタルト認知など、人には本来備わった特性があります。それらを活かしてインセンティブ設計やインターフェースデザインを行います。
 フィールドは防災の他に教育や障害福祉などを対象としていますが、いずれも理論と実践を繰り返しながら研究を進めています。教育のフィールドでは、インターネットの普及により教える人と学ぶ人のマッチングの幅は広がりました。ただ学んだ人が教える立場となる機会に乏しく学びの奥行きが深まりにくい傾向があります。人工知能を介在させることにより役割を固定させない教育プラットフォームを構築します。また障害福祉のフィールドでは、健常者と障害者間のギャップが支援者と被支援者の非対称性を生じさせていました。そのギャップを支援技術で埋めることによりインクルーシブな社会の実現を目指します。

Grants

代表

  • 2018-2019, 群衆とAIのインタラクションによるクラウドワーカの能力向上, AIP チャレンジ, 1,000 千円
  • 2017-2021, 聴覚障害者を対象とした音響学に基づく音認知テストおよび個人適応型音楽トレーニング, 科研費若手B, 4,290 千円
  • 2016-2017, 筋活動の視覚フィードバックによるトランペット練習支援に関する研究, カワイ・サウンド技術研究助成金, 500 千円
  • 2014-2017, 聴覚障害学生のための音楽トレーニングにおける学習効果についての研究, 科研費若手B, 3,770 千円
  • 2013-2014, ピッコロ・ヴァイオリンの音響特性の分析および国内普及に関する研究, カワイ・音楽振興研究助成金, 200 千円
  • 2006-2007, 通奏低音自動リアライズによる古楽演奏者の独習支援システムの構築, 未踏ユース, 3,000 千円

分担

  • 2018-2021, 社会参画をめざす高齢者のためのデータリテラシー学習プログラムの開発, 科研費基盤B
  • 2016-2020, 統計的文法理論と構成的意味論に基づく音楽理解の計算モデル, 科研費基盤A
  • 2015-2017, 聴覚障害者のビート認知テストについての研究, 科研費挑戦的萌芽
  • 2014-2017, 高齢者の生活行動データベースの構築および可視化による振り返り学習の実践, 課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業
  • 2014-2018, 聴覚障害者の聴能向上を促進する音楽システムについての研究, 科研費基盤B
  • 2014-2017, 木構造に基づく時系列メディアの表現法の提案とその操作系の実現, 科研費基盤B

Education

Ph.D. in Engineering, February 2013 (Keio University, Japan)

M.E in Computer Science, March 2006 (Keio University, Japan)

B.E. in Information and Computer Science, March 2004 (Keio University, Japan)

Past research position

2017 - present: Assistant Professor at Faculty of Library, Information and Media Science, University of Tsukuba

2014 - 2016: Collaborative Researcher at Research Center for Knowledge Communities (RCKC)

Fall/Winter 2013: Internship Researcher at Center for Cybernics Research (CCR)

2012 – 2013: Researcher at Life Science Center of Tsukuba Advanced Research Alliance (TARA)

2007 – 2011: Research Assistant at Keio University

Past education position

2014 - 2016: Junior Assistant Professor at College of Media Arts, Science and Technology, University of Tsukuba

Spring 2010: Part Time Lecturer at Keio University

Spring 2006: Part Time Lecturer at Keio University

2005 – 2007: Director of NPO Wing of Science (Suuri-no-Tsubasa) (NPO which holds science camp for high school and undergraduate student)

2004 – 2012: Part Time Lecturer at Keio Shonan Fujisawa Junior and High School

Activities

General chair of Generative Music Informatics Working Group on SIGMUS

Board member of: IPSJ Special Interest Group on Assistive and Accessible Computing (SIGAAC), IPSJ Special Interest Group on MUSic Information processing (SIGMUS)

Program Committee of Time-Series Data Sonification Workshop

Committee of Musical Performance Rendering Contest for Computer System

Reviewer for: Journal of Institute of Electronics Information and Communication Engineers (JP), Journal of Information Processing Society (JP), Interactive Sonification, IEEE KSE

Academic membership

Information Processing Society of Japan, Japanese Society of Artificial Intelligence, Japanese Cognitive Science Society, Acoustical Society of Japan, Japanese Society for Sonic Arts

Music Activities

Double bass: Orchestra, String Orchestra, Tango

Violoncello: Chamber Orchestra

Conducting: String Orchestra