研究業績

著書 / Book Chapter

  • Hayashi, A., Itoh, T. and Matsubara, M.: Colorscore - Visualization and Condensation of Structure of Classical Music, in Marchese, F. T. and Banissi, E. eds., Knowledge Visualization Currents: from Text to Art to Culture, Springer, pp. 113–128, 2012.10

原著論文 / Journal Paper

  • Iwamoto, E., Matsubara, M., Ota, C., Terada, T., Nakamura, N., Kitagawa, H. and Morishima, A.: Passerby Crowdsourcing: Workers' Behavior and Data Quality Management. Proceedings of the ACM on Interactive, Mobile, Wearable and Ubiquitous Technologies (IMWUT), Vol. 2, Issue 4, Article 169 (December 2018), 20 pages. DOI: https://doi.org/10.1145/3287047
  • Iguchi, M., Matsubara, M., Kadone, H., Terasawa, H. and Suzuki, K..: Comparative Effects of Auditory Electromyographic Biofeedback for Participants Who Are Blind and Sighted. Perceptual and motor skills, 2018. http://dx.doi.org/10.1177/0031512518777597
  • Nakayama, Y., Takano, Y., Matsubara, M., Suzuki, K. and Terasawa, H.: The sound of smile: Auditory biofeedback of facial EMG activity, Displays, Vol. 47, pp. 32-39, 2017.4 http://dx.doi.org/10.1016/j.displa.2016.09.002
  • 松原正樹, 狩野直哉, 寺澤洋子, 平賀瑠美: 聴覚障害者向けタッピングゲームにおける視覚手がかりによるリズム認知の短期的学習効果. 情報処理学会論文誌, Vol. 57, No. 5, pp. 1331-1340, 2016.5
  • Matsubara, M., Iguchi, M., Oba, T., Kadone, H., Terasawa, H. and Suzuki, K.: Wearable Auditory Biofeedback Device for Blind and Sighted Individuals. IEEE Multimedia, Vol. 22, No. 1, pp. 68-73, 2015.1
  • 松原正樹, 深山覚, 奥村健太, 寺村佳子, 大村英史, 橋田光代, 北原鉄朗: 創作過程の分類に基づく自動音楽生成研究のサーベイ, コンピュータソフトウェア, Vol. 30, No. 1, pp. 101–118, 2013.2
  • 松原正樹, 諏訪正樹, 斎藤博昭: インタラクティブな楽譜色付けによるオーケストラスコア理解支援システム, 人工知能学会論文誌, Vol. 27, No. 5, pp. 281–295, 2012.9
  • 山本貴史, 松原正樹, 斎藤博昭: 擬音語と書体表現を用いた環境音の可視化, 芸術科学会論文誌, Vol.11, 
No. 1, pp.1–11, 2012.1
  • 濱雄亮, 松原正樹: フィールドワーク実習の試み -その概要・成果・課題-, 日本情報科教育学会誌, Vol. 4, No. 1, pp. 41–50, 2011.12
  • Niitsuma, M., Matsubara, M., Oono, M. and Saito, H.: Development of a method for automatic basso continuo playing, Information Processing and Management, Vol. 47, Issue 3, pp. 440–451, 2011.5
  • 佐野智久, 延澤志保, 岡本紘幸, 鈴木宏哉, 松原正樹, 斎藤博昭: 候補間の表層的差異に着目した地名の所属国の推定, 言語処理学会自然言語処理, Vol. 17, No. 1, pp. 29–54, 2010.1
  • Sano, T., Nobesawa, S., Okamoto, H., Susuki, H., Matsubara, M. and Saito, H.: Robust Toponym Resolution Based on Surface Statistics, IEICE Trans. on Information and Systems, Vol. E92-D, No. 12, pp. 2313–2320, 2009.12
  • 松原正樹, 岡本紘幸, 佐野智久, 鈴木宏哉, 延澤志保, 斎藤博昭: ScoreIlluminator: スコア色付けによるオーケストラスコアリーディング支援システム, 情報処理学会論文誌, No.50 No.12, pp.2937–2948, 2009.12

査読付き国際会議論文 / Refereed Proceedings

  • Matsubara, M., Nakamura, Y., Suzuki, N. and Morishima, A.: A Route Search System Considering Urgency and Efficient Coverage without Complete Information, The First International Workshop on Practical Issues, Systems & Applications for Disaster Risk Reduction in Smart Computing, pp.479-483, Kyoto, 2019.2
  • Matsubara, M., Kobayashi, M. and Morishima, A.: A Learning Effect by Presenting Machine Prediction as a Reference Answer in Self-correction. The Second IEEE Workshop on Human-in-the-loop Methods and Human Machine Collaboration in BigData (IEEE HMData2018), pp. 3521-3527, Seattle, 2018.12
  • Suzuki, Y., Matsubara, M., Tajima, K., Amagasa, T. and Morishima, A.: A Cache-based Approach to Dynamic Switching between Different Dataflows in Crowdsourcing, The Second IEEE Workshop on Human-in-the-loop Methods and Human Machine Collaboration in BigData (IEEE HMData2018), pp. 3551-3553, Seattle, 2018.12
  • Wijerathna, N., Matsubara, M. and Morishima, A.: Finding Evidences by Crowdsourcing, The Second IEEE Workshop on Human-in-the-loop Methods and Human Machine Collaboration in BigData (IEEE HMData2018), pp. 3559-3562, Seattle, 2018.12
  • Zhong, Y., Matsubara, M. and Morishima, A.: Identification of Important Images for Understanding Web Pages. The Second IEEE Workshop on Human-in-the-loop Methods and Human Machine Collaboration in BigData (IEEE HMData2018), pp. 3567-3573, Seattle, 2018.12
  • Mikami, T., Matsubara, M. and Morishima, A.: Worker Classification based on Answer Pattern for Finding Typical Mistake Patterns. The Second IEEE Workshop on Human-in-the-loop Methods and Human Machine Collaboration in BigData (IEEE HMData2018), pp. 3528-3532, Seattle, 2018.12
  • Hashimoto, H., Matsubara, M., Shiraishi, Y., Wakatsuki, D., Zhang, J. and Morishima, A.: A Task Assignment Method Considering Inclusiveness and Activity Degree. The Second IEEE Workshop on Human-in-the-loop Methods and Human Machine Collaboration in BigData (IEEE HMData2018), pp. 3497-3502, Seattle, 2018.12
  • Mizusawa, K., Tajima, K., Matsubara, M., Amagasa, T. and Morishima, A.: Efficient Pipeline Processing of Crowdsourcing Workflows. The 27th ACM International Conference on Information and Knowledge Management (CIKM2018), pp.1559-1562, Turin, 2018.10
  • Matsubara, M., Ishiwa, Y., Uehara, Y. and Tojo, S.: Computational Detection of Local Cadence on Revised TPS. Proc. of CSMC2018, pp.79-87, Dublin, 2018.8
  • Kobayashi, M., Morita, H., Matsubara, M., Shimizu, N. and Morishima, A.: An Empirical Study on Short- and Long-term Effects of Self-Correction in Crowdsourced Microtasks. Proc. of the sixth AAAI Conference on Human Computation and Crowdsourcing, pp.79-87, Zurich, 2018.7
  • Kumai, K., Matsubara, M., Shiraishi, Y., Wakatsuki, D., Zhang, J., Shionome, T., Kitagawa, H. and Morishima, A.: Skill-and-Stress-Aware Assignment of Crowd-Worker Groups to Task Streams. The sixth AAAI Conference on Human Computation and Crowdsourcing, pp.88-97, Zurich, 2018.7
  • Suzuki, R., Sakaguchi, T., Matsubara, M. and Morishima, A.: CrowdSheet: An Easy-To-Use One-Stop Tool for Writing and Executing Complex Crowdsourcing. 30th International Conference on Advanced Information Systems Engineering, pp.137-153, Tallinn, 2018.6
  • Nakagawa, R., Kadone, H., Matsubara, M., Suzuki, K. and Terasawa, H.: Real-Time EMG Sonification System for Gait, Proc. of the 24th International Conference on Auditory Display (ICAD2018), pp.241-244, Michigan, 2018.6
  • Suzuki, R., Sakaguchi, T., Matsubara, M. and Morishima, A.: CrowdSheet: Instant Implementation and Out-of-Hand Execution of Complex Crowdsourcing. 34th IEEE International Conference on Data Engineering, pp.1633-1636, Paris, 2018.4
  • Furuhashi, Y., Matsubara, M. and Morishima, A.: Crowd-based Best-effort Number Estimation. The First IEEE Workshop on Human-Machine Collaboration in BigData (HMData2017), pp.4293-4295, Boston, 2017.12
  • Kobayashi, N., Matsubara, M., Tajima, K. and Morishima, A.: A Crowd-in-the-Loop Approach for Generating Conference Programs with Microtasks, The First IEEE Workshop on Human-Machine Collaboration in BigData (HMData2017), pp.4312-4314, Boston, 2017.12
  • Sato, M., Kitahara, T., Terasawa, H. and Matsubara, M.: Relationships between Abdominal and Around-Lip Muscle Activities and Acoustic Features when Playing the Trumpet. Proceedings of The 2017 International Symposium on Musical Acoustics, pp. 114-117, Montreal, 2017.6 (Best student paper award)
  • Wakasa, K., Matsubara, M., Hiraga, Y. and Terasawa, H.: Acoustic Characteristics of Pressed and Normal Phonations in Choir Singing by Male Singers. Proceedings of The 2017 International Symposium on Musical Acoustics, pp. 136-139, Montreal, 2017.6
  • Matsubara, M., Morimoto, Y. and Uchide, T.: Collaborative study of interactive seismic array sonification for data exploration and public outreach activities. Proceedings of 5th Interactive sonification workshop, pp. 56-60, Bielefeld, 2016.12
  • Matsubara, M., Kodama, T. and Tojo, S.: Revisiting Cadential Retention in GTTM. IEEE Conference on Knowledge and Systems Engineering, pp. 218-223, Hanoi, 2016.10
  • Sakamoto, S., Arn, S. Matsubara, M. and Tojo, S.: Harmonic Analysis based on Tonal Pitch Space. IEEE Conference on Knowledge and Systems Engineering, pp. 230-233, Hanoi, 2016.10
  • Kitahara, T. and Matsubara, M.: Melodic Contour Extraction using Discrete Wavelet Transform and its Application to Melodic Similarity. Proceedings of the 9th International Workshop on Machine Learning and Music, pp. 31-35, Riba del Garda, 2016.9
  • Hiraga, R., Kato, Y., Matsubara, M., Terasawa, H. and Tabaru, K.: A Learning System For Environmental Sounds On Tablets: Toward A Teaching Resource For Deaf And Hard Of Hearing Children. In Proceedings of the Conference Universal Learning Design, pp. 31-34, Linz, 2016.7
  • Joho, H., Matsubara, M., Uda, N., Donkai, S. and Mizoue, C.: Lifelogging by Senior Citizens in a Highly Ageing Society: A Pilot Study. Proceedings of the Information Research and Learning with Lifelogging Devices: An Interactive and Engagement Session at iConference 2016, pp. 9-12, Philadelphia, 2016.3
  • Hiraga, R., Hansen, K., Kano, N., Matsubara, M., Terasawa, H. and Tabuchi, K.: Perception of music of hearing-impaired persons with focused on one test subject. Proceedings of the IEEE Conference on System, Man and Cybernetics, pp. 2407-2412, Hong Kong, 2015.10
  • Nakayama, Y., Takano, Y., Matsubara, M., Terasawa, H. and Suzuki, K.: Real-time smile sonification using surface EMG signal and the evaluation of its usability. Proceedings of the 21st International conference on Auditory Display, pp. 152-156, Graz, 2015.7
  • Terasawa, H., Morimoto, M., Matsubara, M., Sato, A., Ohara, M. and Kawarasaki, M.: Guiding auditory attention toward the subtle components in electrocardiography sonification. Proceedings of the 21st International conference on Auditory Display, pp. 231-235, Graz, 2015.7
  • Kitahara, T., Matsukata, S., Matsubara, M. and Terasawa, H.: A Preliminary Experiment of Predicting Muscle Activity from Musical Acoustic Features. Proceedings of the 7th International Workshop on Machine Learning and Music, pp. 10-11, Barcelona, 2014.11
  • Matsubara, M., Terasawa, H. and Hiraga, R.: The effect of musical experience on rhythm perception in hearing-impaired undergraduates. IEEE Conference on System, Man and Cybernetics, pp. 3487-3490, San Diego, 2014.10
  • Hiraga, R. and Matsubara, M.: Appreciating Harmony —differences between the hearing-impaired, musically inexperienced, and musically experienced—. IEEE Conference on System, Man and Cybernetics, pp. 3464-3469, San Diego, 2014.10
  • Matsubara, M., Tojo, S. and Hirata, K.: Distance in Pitch Sensitive Time-span Tree. Proceedings of the Joint Conference on ICMC | SMC 2014, pp. 1166-1171, Athens, 2014.9
  • Kaniwa, T., Terasawa, H., Matsubara, M., Rutokowski, T. and Makino, S.: EEG Steady State Response Sonification Focused on the Spatial and Temporal Properties. Proceedings of the 20th International Conference on Auditory Display, pp. 1-7 (CD-ROM), New York, 2014.6
  • Matsubara, M., Kadone, H., Iguchi, M., Terasawa, H. and Suzuki, K.: The Effectiveness of Auditory Biofeedback on a Tracking Task for Ankle Joint Movements in Rehabilitation. Proceedings of the 4th Interactive Sonification Workshop, pp. 1-6 (CD-ROM), Erlangen, 2013.12
  • Matsukata, S., Terasawa, H., Matsubara, M. and Kitahara, T.: Muscle Activity in Playing Trumpet: The Dependence on the Playable Pitch Region and the Experience of a Non-trumpet Brass Instrument Player. Proceedings of the Stockholm Music Acoustics Conference, pp. 529-534, Stockholm, 2013.8
  • Iguchi, M., Matsubara, M., Kadone, H., Terasawa, H. and Suzuki, K.: How is Auditory EMG Biofeedback Effective for Blind People? Proceedings of the International Conference on Auditory Display 2013, pp. 307-310, Lodz, 2013.7
  • Matsubara, M., Terasawa, H., Kadone, H., Suzuki, K. and Makino, S.: Sonification of Muscular Activity in Human Movements using the Temporal Pattern in EMG. Proceedings of the Asia Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference 2012, No. OS.6-BioSPS.1-2, pp. 1-5 (CD-ROM), Hollywood, 2012.12
  • Kaniwa, T., Terasawa, H., Matsubara, M., Rutkowski, T. M. and Makino, S.: EEG steady-state synchrony patterns sonification. Proceedings of the Asia Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference 2012,No. OS.6-BioSPS.1-5, pp. 1-6 (CD-ROM), Hollywood, 2012.12
  • Hayashi, A., Itoh, T. and Matsubara, M.: Colorscore: Visualization and Condensation of Structure of Classical Music. Proceedings of the 15th International Conference Information Visualization, pp. 420-425, London, 2011.7
  • Ishigaki, A., Matsubara, M. and Saito, H.: Prioritized Contig Combining to Segregate Voices in Polyphonic Music. Proceedings of the 8th Sound and Music Computing,pp. 408-414, Padova, 2011.7
  • Matsubara, M., Okamoto, H., Sano, T., Susuki, H., Nobesawa, S. and H. Saito: ScoreIlluminator: Automatic illumination of orchestra scores for readability improvement. Proceedings of the 2009 International Computer Music Conference (ICMC 2009), pp. 113-116, Montreal, 2009.8.
  • Niitsuma, M., Matsubara, M. and Saito, H.: Development of an Automatic Basso Continuo Playing System for Baroque Music Performers. Proceedings of the 10th International Conference on Music Perception and Cognition, No. 1PM3-R02-2, pp. 162-168, Sapporo, 2008.8

査読無し国際会議論文 / Non-refereed Papers

  • Morishima, A., Tajima, K., Kitahara, I., Inoguchi, M., Matsubara, M. and Shishido, H.: JST CREST CyborgCrowd Project. In Proceedings of Project Networking Workshop at The sixth AAAI Conference on Human Computation and Crowdsourcing (HCOMP 2018), 3 pages, Zurich, 2018.7.
  • Uchide, T., Morimoto, Y. and Matsubara, M.: Sonification of Seismograms for Exploring Dynamic Triggering Earthquakes. In Abstracts of Japan Geoscience Union Meeting 2018 (JpGU2018), No. SSS10-P08, p. 1 (CD-ROM), 2018.5.
  • Matsubara, M., Ohkimoto, M., Sowa, E. and Sadakata, M.: Loudness information interacts with SMARC effect, APSCOM 6, Kyoto, 2017.8
  • Yuno, Y., Matsubara, M., Tabaru, K., Terasawa, H. and Hiraga, R: Discrimination and identification of environmental sounds among people with hearing impairment, Journal of Acoustic Society of America, Vol.140, No. 4, Pt. 2, p. 3153, 2016.12
  • Satou, M., Kitahara, T., Terasawa, H. and Matsubara, M.: Analysis of the relationship between muscle activity and acoustic features during trumpet play and the construction of a myoelectric visual feedback system, Journal of Acoustic Society of America, Vol. 140, No. 4, Pt. 2, p. 3379, 2016.12
  • Uchide, T., Morimoto, Y. and Matsubara, M.: Seismic Audification and Sonification for Data Exploration. In Abstracts of Japan Geoscience Union Meeting 2016, No. SSS28-P02, p. 1 (CD-ROM), 2016.5
  • Cao, C., Matsubara, M., Terasawa, H. and Hiraga, Y.: A Comparison of Rhyme in Japanese and Chinese Lyrics among Cover Songs, International Conference on Media Usage and Cross-cultural Communication under the Digital Era in TGSW 2016, Tsukuba, 2016.9
  • Matsubara, M. and Imoto, Y.: Towards a Collaborative Ethnography of Chamber Music Performance: A Cognitive and Socio-anthropological Study of Amateur Western Classical Musicians in Japan. In Abstracts of International Symposium on Performance Science, p. 52, Kyoto, 2015.9
  • Sakino, T., Hamano, T., Sadakata, M., Matsubara M., Shibayama, T., Ohmura, H. and Terasawa, H.: The Influence of Expressive Accompaniment on a Player’s Emotion and Expressive Nuances in a Percussive duo Performance. In Abstracts of International Symposium on Performance Science, p. 144, Kyoto, 2015.9
  • Kano, N., Matsubara, M., Terasawa, H. and Hiraga, R.: Development and Short-term Evaluation of Tapping Game for Hearing Impaired Students. In Proceedings of Rhythm Production and Perception Workshop 2015, Amsterdam, p. 61, 2015.7
  • Sakino, T., Hamano, T., Sadakata, M., Matsubara, M., Shibayama, T., Ohmura, H. and Terasawa, H.: The Influence of Accompaniment in the Performance of Percussion. In Proceedings of Rhythm Production and Perception Workshop 2015, p. 75, Amsterdam, 2015.7
  • Matsubara, M., Terasawa, H., Hansen, K. F. and Hiraga, R.: An Inquiry into Hearing-impaired Student's Musical Activities - How do they Listen to the Music? In Proceedings of International Conference on Music Perception and Cognition, p. 385, Seoul, 2014.8
  • Matsubara, M., Kuribayashi, S., Nukariya, H. and Kakehi, Y.: CyclingMusic & CyclingMelody: A System for Enriching Scenery Experience in Cycling by Real-Time Synaesthetic Sonification of Passing Landscape. In Proceedings of the 34th Annual Meeting of the Cognitive Science Society, p. 2775, Sapporo, 2012.7
  • A. Hayashi, T. Itoh, and M. Matsubara: Colorscore - Visualization and Condensation of Structure of Classical Music, in NICOGRAPH International 2011, No. P08, pp.1-3 (CD-ROM), 2011.6 (Best Poster Award)
  • Hayashi, A., Itoh, T. and Matsubara, M.: Colorscore - Visualization and Condensation of Structure of Classical Music. In Proceedings of NICOGRAPH International 2011, No. P08, pp. 1-3 (CD-ROM), Kanagawa, 2011.6 (Best Poster Award)

解説記事

  • 松原 正樹: 身の回りを「聴こえる化」する −視覚障害者のための可聴化技術−, 情報処理学会誌, Vol. xx, No. xx, pp.xx-xx, 2016.2
  • 松原 正樹: 音楽情報可視化による多面的視点の獲得, 可視化情報学会誌, Vol. 35, No. 136, pp.8-12, 2015.
  • 松原 正樹: 生活を彩る『認知科学』, 認知科学会, Vol. 21, No. 4, pp.433-434, 2014.

チュートリアル・招待講演・パネル講演・一般講演 / Talks

  • Matsubara, M.: A Learning Effect
by Presenting Machine Prediction as a Reference Answer in Self-correction, Kasuga Chat, 2019.1
  • 松原正樹, トランペット演奏時の呼吸制御に関わる筋活動, 音楽と脳勉強会, 2018.9
  • Matsubara, M.: Computational analysis of hierarchical structure in music and its cognitive reality, McGill university SIMSSA seminar, 2017.6
  • 松原正樹, 高齢者の生活行動パターン, 高齢社会と図書館講演会,札幌(札幌市中央図書館),2016.8
  • 松原正樹, 聴覚障害者が音楽を聴くという事, 情報処理学会第2回アクセシビリティ研究会シンポジウム, 音楽×アクセシビリティ パネル講演, 2016.2
  • 松原正樹, 実践知の熟達における認知過程:サウンドラーニングをフィールドとして, 知的コミュニティ基盤研究センター 2015年度成果報告会&公開イベント『画像・映像アーカイブの可能性』, 2016.2
  • 松原正樹, 聴覚障害者が音楽を聴くという事, 第109回情報処理学会音楽情報科学研究会, インクルーシブ音楽情報処理 パネル講演, 2015.11
  • Matsubara, M., Uchide, T.: Interactive multiple seismic waves sonification for data exploration, Time-Series Data Sonification Workshop, invited talk, Tsukuba, 2015.9
  • 松原正樹, 生成系音楽情報科学の現状と課題, 第108回情報処理学会音楽情報科学研究会, チュートリアル講演, 2015.8
  • Matsubara, M., Long-term qualitative evaluation of top-down processing with visual aid on music cognition, University of Amsterdam Cognitive musicology seminar, 2015.7
  • 松原正樹, 対話から生まれる学び, 「図書館の音と学び」シンポジウム ライトニングトーク, 2015.3
  • Matsubara, M., Auditory Biofeedback, Information science summer school, Lecturer, 2014.9
  • 松原正樹, 他 7人, 新博士によるパネルディスカッションIV 「新博士さんいらっしゃい!」, 第104回 情報処理学会音楽情報科学研究会, パネリスト, 2014.8
  • 松原正樹, 他9人, 音楽と音楽情報処理の未来II, 第102回 情報処理学会音楽情報科学研究会, パネリスト, 2014.2
  • 松原正樹, 川島佳子, ピッコロ・ヴァイオリンのこれまでとこれからの展望, カワイ・サウンド技術・音楽振興財団 研究助成受賞者講演会, 招待講演者, 2013.11
  • 松原正樹, 「森羅万象が聴こえる」 〜聴覚ディスプレイからデータ可聴化まで〜, 湧源クラブ大定例会2013, 招待講師, 2013.10
  • 松原正樹, 他13人, 音楽と音楽情報処理の未来, 第100回 情報処理学会音楽情報科学研究会, パネリスト, 2013.8
  • 松原正樹, 創造過程の分類に基づく自動音楽生成研究のサーベイ, 第16回先端芸術音楽創作学会 音楽情動研究会, 2013.7
  • 松原正樹, 音楽情動におけるメタ認知に関する研究, 第2回先端芸術音楽創作学会 音楽情動研究会, 2011.2
  • 松原正樹, 次世代の科学教育と合宿を考える, パネリスト, サイエンスアゴラ2007, 2007.11
  • 新妻雅弘,松原正樹:通奏低音自動リアライズによる古楽演奏者の独習支援システムの構築, 情報処理推進機構 2006年度下期未踏ユースソフトウェア創造事業成果発表会, 2007.11
  • 松原正樹, 音楽にまつわる数理の話, 数理の翼ワークショップ2006, 講師, 2006.8
  • 田邊則彦, 松原正樹, 中高一貫教育の情報カリキュラム, コンピュータ利用教育学会第4回小中高等部会, 2000.5

口頭発表(査読無国際会議・国内学会・デモ・研究会)/ Domestic Paper

  • 松原正樹, 小林正樹, 森嶋厚行: 機械学習の分類予測に基づく参考回答提示によるクラウドワーカの学習効果, 第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2019), E2-2, 7 pages, 2019.3
  • 蓑内あかね, 松原正樹, 渡辺知恵美, 森嶋厚行: リファラルベースドクラウドソーシングにおけるワーカの行動分析, 第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2019), E6-2, 6 pages, 2019.3 (学生プレゼンテーション賞)
  • 小林正樹, 松原正樹, 森田ひろみ, 清水伸幸, 森嶋厚行: マイクロタスクでの自己補正におけるワーカの回答パターン分析, 第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2019), E6-4, 6 pages, 2019.3
  • 湯野悠希, 寺澤洋子, 松原正樹, 平賀瑠美, 田原敬: 聴覚障害者の環境音同定に関する報告 –オープンセット課題における解答の傾向–, 情報処理学会研究報告, Vol. 2087-AAC74, No. 1, 2018.8
  • 中村優太, 松原正樹, 鈴木伸崇, 井ノ口宗成, 森嶋厚行: 不十分な情報下での緊急度と効率的な網羅を考慮した経路探索システム. 人工知能学会第32回全国大会講演論文集, 4 pages, 2018.6
  • 橋本大空, 松原正樹, 白石優旗, 張建偉, 若月大輔, 森嶋厚行: クラウドワーカの特性を考慮したワークフローに含まれるタスクの割当て手法. 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2018) , 2018.3 (学生プレゼンテーション賞)
  • 小林直樹 松原正樹, 田島敬史, 森嶋厚行: マイクロタスクによる大規模な学術会議のセッション作成. 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2018) , 2018.3
  • 小林正樹, 松原正樹, 森田ひろみ, 清水伸幸, 森嶋厚行: クラウドワーカの品質改善における他者回答提示の短期的・長期的効果. 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2018) , 2018.3
  • 湯野悠希, 寺澤洋子, 松原正樹, 平賀瑠美, 田原敬: 聴覚障害者の環境音同定に影響を及ぼす音響特徴量の検討. 音響学会2018年春季研究発表会, 2018.3
  • 佐藤愛, 福田梨沙, 小幡哲史, 棚瀬廉人, 寺澤洋子, 平賀譲, 松原正樹: トランペット演奏における呼吸制御に関わる筋活動と音響的特徴との関係. 音響学会2018年春季研究発表会, 2018.3
  • 加藤優, 平賀瑠美, 若月大輔, 安啓一, 寺澤洋子, 松原正樹: 環境音学習における視覚情報の有効性についての検討―重度の聴覚障害者を対象とする場合. 音響学会2018年春季研究発表会, 2018.3
  • 鈴木裕亮, 松原正樹, 森嶋厚行: クラウドソーシング実行計画の変更時におけるタスクキャッシュの利用. 第80回情報処理学会全国大会, 2018.3
  • 井口正樹, 中川遼介, 寺澤洋子, 松原正樹, 門根秀樹, 鈴木健嗣: 脳卒中片麻痺患者に対する聴覚バイオフィードバックを用いた足関節の運動学. 第36回関東甲信越ブロック理学療法士学会, P-034, 2017.9
  • 加藤優, 平賀瑠美, 若月大輔, 松原正樹, 寺澤洋子: 聴覚障害者のための視覚情報を併用した環境音学習の基礎的検討, 情報処理学会研究報告, Vol. 2017-AAC-4, No. 2, 2017.8
  • 湯野悠希, 松原正樹, 田原敬, 寺澤洋子, 平賀瑠美: 聴覚障害者の環境音同定における音響特徴の考察, 情報処理学会研究報告, Vol. 2017-AAC-4, No. 1, 2017.8
  • 東条敏, 平田圭二, 松原正樹, 大村英史: 楽曲の木構造に対する代数的操作. 第31回人工知能学会全国大会論文集, 2017.5
  • 狩野直哉, 松原正樹, 寺澤洋子, 平賀瑠美: タッピングゲームの長期的な利用を通じた聴覚障害者のリズム認知能力に関する検討. 情報処理学会研究報告, Vol. 2016-AAC-2, No. 8, pp. 1-8, 2016.11
  • 中山雄貴, 松原正樹, 鈴木健嗣, 寺澤洋子: 弱視者の笑顔認識の傾向に関する調査. 情報処理学会研究報告, Vol. 2016-AAC-2, No. 1, pp. 1-6, 2016.11 (学生奨励賞)
  • 崎野峻光, 貞方マキ子, 平賀譲, 松原正樹, 濱野峻行, 寺澤洋子: ドラムアンサンブル演奏における視覚情報の影響 〜即興演奏と情動体験に着目して〜. 日本音響学会音楽音響研究会資料, Vol. 35, No. 4, pp. 17-22, 2016.10
  • 佐藤愛, 松原正樹, 北原鉄朗, 寺澤洋子, 平賀譲: 筋活動および音響的特徴の可視化によるトランペット練習支援システム. 日本音響学会音楽音響研究会資料, Vol. 35, No. 4, pp. 73-78, 2016.10
  • 東条敏, 平田圭二, 浜中雅俊, 長尾確, 北原鉄朗, 大村英史, 松原正樹, 吉井和佳: 統計的文法理論と構成的意味論に基づく音楽理解の計算モデル. 情報処理学会研究報告, Vol. 2016-MUS-112, No. 4, pp. 1-6, 2016.7
  • 湯野悠希, 松原正樹, 田原敬, 寺澤洋子, 平賀瑠美: 聴覚障害者の環境音知覚における弁別と同定の比較. 情報処理学会研究報告, Vol. 2016-AAC-1, No. 19, pp. 1-7, 2016.7
  • 中川稜介, 寺澤洋子, 松原正樹, 井口正樹: 足関節運動の可聴化における音デザインの評価. 情報処理学会研究報告, Vol. 2016-AAC-1, No. 21, pp. 1-5, 2016.7
  • 松原正樹, 東条敏, 小玉昂史: GTTMにおけるカデンツ発見アルゴリズム. 第30回人工知能学会全国大会論文集, No. 3G4-OS-15b-2, pp. 1-4 (CD-ROM), 2016.6
  • 加藤優, 平賀瑠美, 松原正樹, 寺澤洋子, 田原敬: タブレットを用いた環境音学習システム~聴覚障害児のための教材を目指して~. 情報処理学会第78回全国大会講演論文集, 7ZA-02, pp. 701-702, 2016.3(学生奨励賞)
  • 佐藤愛, 北原鉄朗, 寺澤洋子, 松原正樹: トランペット演奏時の口唇周囲および腹部の筋活動と音響的特徴の関係. 日本音響学会2016年春季研究発表会講演論文集, pp. 917-920, 2016.3
  • 伊藤隆浩, 松原正樹, 寺澤洋子, 平賀瑠美: 聴覚障害学生を対象とした音域・エンベロープを手がかりとする楽器音識別トレーニングの作成と評価. 日本音響学会2016年春季研究発表会講演論文集, pp. 1627-1630, 2016.3
  • 湯野悠希, 松原正樹, 田原敬, 寺澤洋子, 平賀瑠美: 聴覚障害者を対象とする環境音聴取テスト作成に向けた弁別と同定に関する比較検討. 日本音響学会2016年春季研究発表会講演論文集, pp. 1465-1468, 2016.3
  • 加藤優, 平賀瑠美, 松原正樹, 寺澤洋子, 田原敬: 環境音とコンテクスト理解を支援するシステム ~聴覚障害児のための環境音学習システム~. 電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 115, No. 491, pp. 1-5, 2016.3
  • 松原正樹, 上保秀夫, 宇陀則彦, 吞海沙織, 溝上智恵子: 高齢者の情報行動にかかるデータ収集と可視化. DEIM Forum 2016 論文集, P6-6, pp. 1-2, 2016.3
  • 溝上智恵子, 松原正樹, 上保秀夫, 宇陀則彦, 吞海沙織: 高齢者の生活行動データベースの構築および可視化による振り返り学習の実践. 第3回つくば女性研究者支援協議会シンポジウム, 2016.1
  • 内出崇彦, 武田直人, 長郁夫, 松原正樹, 今西和俊, 白濱吉起, 落唯史, 木口努: 2015年産総研一般公開チャレンジコーナー「地盤の揺れるようすを目の前で見てみよう!」. GSJ地質ニュース, Vol. 5, No. 1, pp. 27-30, 2016.1
  • 大島千佳, 寺澤洋子, 馬場哲晃, 平賀瑠美, 松原正樹: インクルーシブ音楽情報処理. 情報処理学会研究報告, Vol. 2015-MUS-109, No. 5, pp. 1-7, 2015.11
  • 松原正樹, 東条敏, 平田圭二: GTTMタイムスパン木における構造レヴェルの導入と代数表現. 第29回人工知能学会全国大会論文集, No. 2C5-OS-21b-4, pp. 1-4 (CD-ROM), 2015.5
  • 平田圭二, 東条敏, 浜中雅俊, 長尾確, 北原鉄朗, 松原正樹, 吉井和佳: 木構造に基づく時系列メディア表現法の提案とその操作系の実現に向けて, 情報処理学会音楽情報科学研究会 Vol. 2015-MUS-106, No.21, pp. 1-6, 2015.3
  • 松原正樹, 松井淑恵, 林勇吾: 聴覚刺激を用いた異なる視点に基づく協同問題解決に関する実験的検討. 第31回日本認知科学会大会発表論文集, pp. 698-704, 2014.9
  • 狩野直哉, 松原正樹, 寺澤洋子, 平賀瑠美: 聴覚障害学生に向けたタッピングゲームの開発と印象調査, 情報処理学会音楽情報科学研究会 Vol. 2014-MUS-104, No.4, pp. 1-7, 2014.8
  • 竹川佳成, 平田圭二, 糸山克寿, 大石康智, 橘秀幸, 寺澤洋子, 土井啓成, 平野砂峰旅, 深山覚, 松原正樹: 新博士によるパネルディスカッション IV 「新博士さんいらっしゃい!」情報処理学会音楽情報科学研究会 Vol. 2014-MUS-104, No.12, pp.1-5, 2014.8
  • 平田圭二, 東条敏, 浜中雅俊, 松原正樹: Beyond GTTMism - 音楽の意味論と計算体系, 情報処理学会音楽情報科学研究会 Vol. 2014-MUS-104, No.20, pp. 1-8, 2014.8
  • 松原正樹,Hansen, K. F.,寺澤洋子,平賀瑠美: 聴覚障害学生を対象とした聴能向上のための音楽トレーニングプロジェクト. 情報処理学会音楽情報科学研究会 Vol. 2014-MUS-103, No.24, pp. 1-5, 2014.5
  • 松原正樹,東条敏,平田圭二: 音楽理論GTTMに基づく木構造を用いた旋律の認知的類似度の導出 〜バッハBWV582 パッサカリアとフーガの分析を例に〜, 第28回人工知能学会全国大会, No.1K4-OS7a-2, 2014.5
  • 加庭輝明,寺澤洋子,松原正樹,Rutkowski, T. M.,牧野昭二, 脳活動の空間性と時間性に着目したEEG 可聴化, 日本音響学会2013年秋季研究発表会講演論文集, 3-2-4, pp.919-922, 2013.9
  • 深山覚,石倉和将,和泉諒,岩井憲一,植村あい子,奥村健太,加庭輝明,河原英紀,小池宏幸,須之内元洋,竹川佳成,土屋政人,中村友彦,中村亮介,濱崎雅弘,ベンジャミンエバンズ,堀内俊治,松原正樹,三浦寛也,莱孝之, デモンストレーション: 音楽情報処理の研究紹介XII, 情報処理学会第100回音楽情報科学研究会, Vol. 2013-MUS-10 No.13, pp.1-11. 2013.9
  • 松方翔吾, 寺澤洋子, 松原正樹, 北原鉄朗, トランペット演奏時の音高や強度の変化が口唇周囲の筋肉に及ぼす影響,
情報処理学会音楽情報科学研究会, Vol. 2013-MUS-99, No.39, pp. 1-5, 2013.5.
  • 松原正樹, 寺澤洋子, 門根秀樹, 鈴木健嗣, 牧野昭二, 身体動作の連動性理解にむけた筋活動可聴化, 日本音響学会 2012 年秋季研究発表会講演論文集, No. 2-10-2, pp. 919-922, 2012.9
  • 加庭輝明, 寺澤洋子, 松原正樹, Rutkowski, T. M., 牧野昭二, コヒーレンス解析を用いた定常状態誘発反応の可聴化, 日本音響学会 2012 年秋季研究発表会講演論文集, No. 2-10-1, pp. 915-918, 2012.9
  • 寺澤洋子, 松原正樹, 牧野昭二, 生命動態可聴化の現状と課題, 情報処理学会音楽情報科学研究会, Vol. 2012-MUS-95, No.1, pp. 1-6, 2012.5
  • 松原正樹, 諏訪正樹, 川崎聡美:複数ドメインの知を成立させる基盤としての「ひとつ」のからだ, 第26 回人工知能学会全国大会論文集, No. 3E2-OS-16-7, pp.1-2 (CD-ROM), 2012.6
  • 松原正樹, 栗林賢, 忽滑谷春佳, 筧康明:自転車移動における風景の可聴化による環境知覚促進ツール, 人工知能学会身体知研究会, Vol. SKL-12-03, pp. 10–15, 2012.3
  • 林亜紀, 伊藤貴之, 松原正樹: Colorscore: クラシック音楽における音楽構造の俯瞰と縮約の可視化の一手法, 第 54 回情報処理学会全国大会講演論文集, pp.2-341-342, 2012.3, (学生奨励賞)
  • 林亜紀, 伊藤貴之, 松原正樹: Colorscore: クラシック音楽における音楽構造の俯瞰と縮約の可視化手法, 第 19 回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ予稿集, pp. 1-3 (CD-ROM), 2011.12
  • 延澤志保, 佐野智久, 菊地弘晶, 松原正樹, 岡本紘幸, 斎藤博昭: 固有名詞の所属国推定における表層情報の利用. 情報処理学会研究報告, Vol. 2011-NL-204, No. 14, pp. 1-7, 2011.11
  • 松原正樹, 諏訪正樹:メタ認知言語化によるオーケストラ理解の熟達プロセス, 日本認知科学会第28 回大会講演論文集, pp. 448-452, 2011.9
  • 西山武繁, 松原正樹, 諏訪正樹:間合いの可視化による駆け引きスキルの体得支援ツールのデザイン, 
第 25 回人工知能学会全国大会論文集, No. 3D2-OS8-12, pp. 1-4 (CD-ROM), 2011.6
  • 宮田聡, 松原正樹, 斎藤博昭:フレーズの重心を考慮したピアノ演奏の表情付け, エンターテイメン トコンピューティング 2010, No. B7, pp. 1-3 (CD-ROM), 2010.10
  • 山本貴史, 松原正樹, 斎藤博昭:ECHOES: 環境音から擬音語への変換と効果的な表現方法の提案, エンターテイメントコンピューティング 2010, No. A13, pp. 1-5 (CD-ROM), 2010.10
  • 松原正樹, 李軒, 斎藤博昭:音楽への感性を開拓するメタ認知支援ツール, 日本認知科学会第 27 回大会講演論文集, No. P3–44, pp.448-452, 2010.9
  • 西山武繁, 諏訪正樹, 三浦秀彦, 松原正樹, 佐山由佳:文房具による身体的メタ認知の促進, 人工知能 学会身体知研究会, Vol. SKL-07-02, pp. 9–13, 2010.9
  • 林亜紀, 伊藤貴之, 松原正樹:Colorscore:クラシック楽曲構造の可視化と圧縮表示, 情報処理学会 音楽情報科学研究会 研究報告, Vol. MUS-86-27, pp.1-8, 2010.8
  • 石垣麻子, 松原正樹, 斎藤博昭:コンティグマッピング手法に基づくポリフォニー音楽の声部分離, 情報処理学会 音楽情報科学研究会 研究報告, Vol. MUS-86-26, pp. 1-8, 2010.8
  • 古川康一, 升田俊樹, 松原正樹, 小林郁夫, 西山武繁:スキル獲得におけるブレークスルーに関する一考察, 第24回人工知能学会全国大会, No. 3G1-OS2a-3, pp.1-4 (CD-ROM), 2010.6
  • 松原正樹, 西山武繁, 伊藤貴一, 諏訪正樹, 藤井晴行:からだで考えるためのシンボル化とことば化, 第24回人工知能学会全国大会講演論文集, No. 3G1-OS2a-7, pp.1-4 (CD-ROM), 2010.6
  • 石垣麻子, 松原正樹, 斎藤博昭:声部分離によるスコアリーディング支援のための色付け楽譜の生成, 第 50 回情報処理学会全国大会講演論文集, pp. 28–34, 2010.3
  • 春原雅彦, 松原正樹, 前田俊太郎, 斎藤博昭:和音・右手左手に着目したピアノ運指推定, 第 50 回情報処理学会全国大会講演論文集, pp. 9–14, 2010.3
  • 福山敦士, 松原正樹, 諏訪正樹:チームにおける how を考える文化の重要性, 人工知能学会身体知研 究会, Vol. SIG-SKL-06-2, pp. 9–14, 2010.1
  • 松原正樹, 西山武繁, 伊藤貴一, 諏訪正樹:身体的メタ認知を促進させるツールのデザイン, 人工知能学会身体知研究会, Vol. SKL-06-3, No. 3, pp. 15–22, 2010.1
  • 松原正樹, 諏訪正樹:ScoreIlluminator: 「音楽を聴くスキル」の熟達支援ツール, 日本認知科学会第 26 回大会講演論文集, No. P2-10, pp.1-2 (CD-ROM), 2009.9
  • 宮田聡, 上野佑馬, 蔵内雄貴, 松原正樹, 斎藤博昭:スペクトルディップ法を用いた和音推定, 第 8 回情報科学技術フォーラム, No. E-036, pp.337-340, 2009.9
  • 安藤大地, 梶克彦, 北市健太郎, 草間かおり, 佐藤和哉, 竹川佳成, 浜中雅俊, 深山覚, 松原正樹:デモンストレーション:音楽情報処理の研究紹介 VII, 情報処理学会 音楽情報科学研究会 研究報告, Vol. MUS-81-22, pp. 1-6, 2009.8
  • 山本貴史, 松原正樹, 斎藤博昭:モーラ数と音節数を考慮した自然文から歌詞への構造変換, 言語処理学会第 15 回年次大会 発表論文集, No. P1-12, pp. 168–171, 2009.3
  • 松原正樹, 岡本紘幸, 佐野智久, 鈴木宏哉, 延澤志保, 斎藤博昭:ScoreIlluminator: スコアリーディング支援のためのオーケストラスコアの自動色付け, 情報処理学会音楽情報科学研究会 研究報告, Vol. MUS-78, No. 100, pp. 1–6, 2008.12
  • 松原正樹, 斎藤博昭:練習計画提示によるピアノ独習支援システムの開発と評価, 第 4 回 教育システム情報学会研究会 研究報告, Vol.23, No.4, pp.62-67, 2008.11
  • 蔵内雄貴, 松原正樹, 大野将樹, 斎藤博昭:周波数スペクトルの谷状点に基づく和音推定, 第 7 回情報科学技術フォーラム論文集, No. RE-001, pp. 5–8, 2008.9 (査読有り)
  • 齊藤豪佑, 松原正樹, 大野将樹, 斎藤博昭:主旋律に着目したピアノ楽譜の難易度別簡易化, 第 7 回情報科学技術フォーラム, No. E-029, pp. 205–208, 2008.9
  • 蔵内雄貴, 松原正樹, 大野将樹, 斎藤博昭:周波数スペクトルの谷状点系列による和音推定, 情報処理学会 音楽情報科学研究会 研究報告, Vol. MUS-76-21, pp.125-130, 2008.8
  • 田邊則彦, 渡部陽仁, 松原正樹: 「君も雑誌記者」, 日本教育工学振興会 NEW 実践事例アイディア集, vol. 15, pp. 41-44, 2007.3
  • 遠山紀子, 松原正樹, 斎藤博昭:リズム特性を用いたコンデンススコア自動生成の提案, 情報処理学会 音楽情報科学研究会 研究報告, Vol. MUS-69-8, No. 15, pp. 41–44 2007.2
  • 浜中雅俊, 北原鉄朗, 竹川佳成, 橋田朋子, 元川洋一, 馬場哲晃, 日暮圭, 中野倫靖, 吉井和佳, 松原正樹, 梶克彦:デモンストレーション:若手による研究紹介 III, 情報処理学会 音楽情報科学研究会 研究報告, Vol. MUS-66-10, pp. 55–61, 2006.8
  • 松原正樹, 遠山紀子, 斎藤博昭:ピアノ初級者のための独習支援システムにおける戦略的練習計画の提示, 情報処理学会 音楽情報科学研究会 研究報告, Vol. MUS-66-2, pp. 7–12, 2006.8
  • 松原正樹, 遠山紀子, 斎藤博昭:ピアノ初級者のための独習支援システムの提案, 情報処理学会 音楽情報科学研究会 研究報告, Vol. MUS-64-14, pp. 79–84, 2006.2

ソフトウェア・特許

  • 寺澤洋子,松原正樹, 川原崎雅敏, 佐藤明, 大原信, 星本弘之, 森本洋太: 共同特許出願「可聴音出力装置及び可聴音出力方法」(特願2015-122430), 2015.7
  • 松原正樹他: “Kinetic Tone”, 資生堂Beauty Consultant 80周年記念イベント, ソフトウェア技術の提供, 2014.10
  • 松原正樹,“The Elements Music - 周期律の音楽”寺澤洋子作曲. 国立科学博物館特別展「元素のふしぎ展」記念アルバム「元素 de Playbutton」収録(企画制作:エイベックスマーケティング)ソフトウェア技術の提供, 2012.7
  • 蔵内雄貴, 松原正樹, 大野将樹, 斎藤博昭: 共同特許出願「和音推定装置, 和音推定方法, およびプログラム」(特開 2010-55012), 2010.3
  • 新妻雅弘, 松原正樹:通奏低音自動リアライズによる古楽演奏者の独習支援システム. 情報処理推進機構 2006 年度下期未踏ユースソフトウェア創造事業, 2007.8