ホーム > その他 > 規則 > 開発研究室I

開発研究室I利用申し合わせ事項

開発研究室Iのサーバ設置に関するルールについて説明します

開発研究室Iとは

開発研究室Iは図書館情報メディア研究科の教育・研究・校務に用いられる各種計算機を設置することを 目的に設けられた専用のサーバ室です. サーバ室として環境を保持するための空調・電源・入退出管理システムを備えており, システム管理グループが管理しています. 学外から接続させる公開サーバや連続運転をするサーバは当室に設置することをお勧めします. 図書館情報メディア研究科の教員は,申請に基づき,サーバ等の各種機器を開発研究室Iに設置することができます.

共用の19インチラックを用意しました.スペースの有効利用のためなるべくラックマウント型のサーバを利用してください.

開発研究室Iの利用申請

機器設置の申請

開発研究室Iに機器を設置したい場合,「開発研究室I利用申請書」に必要事項を記入後,春日サテライト事務室に提出してください. システム管理グループは開発研究室Iの利用状況等を確認後,許可/不許可の通知を行います. 申請は年度単位とし,毎年度末に継続申請をお願いします. システム管理者が変わった場合は年度末を待たずに変更申請を行ってください.

別途必要な手続き

開発研究室Iは常時施錠されているので,入室するために「入退室登録申請書」を システム管理グループに提出し,磁気カードの貸与を受けてください. 磁気カードは設置機器の管理作業を行う必要がある教職員,学生に発行します.

設置機器に対して,1000Base-Tによる学内ネットワークへの接続と100V電源を用意しますが, ネットワークの帯域や電源容量(15A)は他の機器との共用が原則です. 特に大きな帯域,容量が必要な場合は設置申請時に申し出てください. また200V電源や1000Base-TX/SXによる接続など,既存設備で対応できなかったり, 能力/容量不足であるような場合も,設置者の自己負担で整備可能な場合があります. 電源事故を防止するため,全ての機器にUPSの設置をお勧めします.

ラックの設置にあたっては耐震性に配慮したうえで,室内の配電盤から専用の電源線を敷設(費用は設置者負担)していただきます.

機器撤去の申請

機器の運転を停止した場合は,速やかに「開発研究室I利用申請書」によって 廃止を届けでて,当該機器を撤去してください. また,入退室用の磁気カードもシステム管理グループに返却していただきます.

利用上の注意

設置機器への連絡先明示

重要!設置機器には一見してわかる場所に,「ホスト名,IPアドレス,責任者氏名」 を明記したラベルを貼付してください.

その他

システム管理グループは, 開発研究室Iの運用上必要な場合には, 設置機器の停止,移動,撤去等を命じることできます. セキュリティ上の問題発生あるいはネットワーク障害の原因であることが疑われる場合, 予告無く学内ネットワークとの接続を切断することがあります.

システム管理グループは 設置された機器の安定稼働のために, 開発研究室Iの電源や空調,入退出を管理しますが, たとえ管理上の落ち度によって設置機器に損害が生じたとしても, その責任は負わないものとします.

以上を了解した上で,機器の設置を申し込んでください.


2011.5.23
図書館情報メディア研究科教育・研究支援委員会
システム管理グループ