ホーム > 資源 > 共用プリンタ

共用プリンタ(コピー機)の使用方法

春日地区内の研究用コピー機は,図書館情報メディア系の教員と 図書館情報メディア研究科の大学院生が共用プリンタとして利用できます.

コピー機の使用方法

図書館情報メディア系では8台の複写機(富士ゼロックス ApeosPortシリーズ)が利用できます.

これらは複写機として使用するほか,ネットワークプリンタとして使用することができます. ここでは,使用上の注意,パーソナルコンピュータの設定方法などを説明します.

コピー機として使用する場合も,プリンターとして使用する場合も,1枚ごとに同額の使用料が発生します. 使用料は教員の場合は研究費,大学院生の場合は指導教官に配分された学生指導経費から差し引きます. 本人の特定はコピーの場合はコピーカードで,プリントの場合はプリント時に入力されるカードIDにより行われます. 使用状況にご不審を感じた場合は研究支援にご連絡ください.

プリンタ利用上の注意

ネットワークプリンタ機能を利用する方は,以下の原則をあらかじめご承知ください

パーソナルコンピュータの設定は自己責任でおこなう.設定方法を説明するマニュアルは用意しましたが, 設定そのものは個人の責任で実施してください.個別の障害解決支援はいたしません. 用意したマニュアル(下記)は一部のOSで動作検証しておりますが,全てのOSで確認したものではなく, あくまで参考例とご理解ください.

場所

プリンタ名

機種

院生室1-G

ap6-grad1g

Apeos Port-VI C2271

情報メディアユニオン3F

ap6-union3f

Apeos Port-VI C3371

情報メディアユニオン4F

ap6-union4f

研究棟1F

ap5-faculty1f

Apeos Port-V C6685

研究棟2F

ap6-faculty2f

Apeos Port-VI C5571

研究棟3F

ap6-faculty3f

研究棟4F

ap6-faculty4f

研究棟5F

ap6-faculty5f

Apeos Port-VI C3371


図書館情報メディア研究科教育・研究支援委員会
システム管理グループ
2017.4.7