ホーム > 資源 > Microsoft Imagine

Microsoft Imagineによるソフトウェアの提供

情報学群における,Microsoft Imagine(旧DreamSpark)の利用について説明します

Microsoft Imagineとは

Microsoft Imagineは, マイクロソフトの開発言語,OS,サーバなどを教育用途に学科単位で提供するプログラムです. 2014年度から情報学群としてMicrosoft Imagine(旧DreamSpark)の契約を結んでいます (2006年度までは図書館情報専門学群,情報学類、2007年から2013年度までは情報学群の各学類として契約していました).

使用上の制限

Microsoft Imagineのソフトウェアの使用は教育・研究目的に限定されており,次のような制限があります. 詳しくは,マイクロソフトによる 利用ガイドラインをご覧ください. また,このMicrosoft Imagineは情報学群が契約の主体であるため,教育・研究目的でも大学院生, 他学群の学生は使用できないことにご留意ください.

使用可能なソフトウェア

使用可能なソフトウエアについては「情報学群用 Microsoft Imagine」にサインインしてご確認ください.

使用できる人

Microsoft Imagineのソフトウェアを使用できるのは, です.大学院生は使用できません.以下のPCにインストールできます. 学群生は,インストールしたMicrosoft Imagineのソフトウェアを卒業後もアンインストールせずに使用できますが, ソフトウェアを新たにインストールすることはできません.

インストール方法

ELMSと呼ばれる Webベースのライセンスマネジメントシステムにより, ユーザ毎に認証を行うことで個別製品のダウンロードとプロダクトキーの受け取りができます. 情報メディア創成学類と知識情報・図書館学類の学生は, サインインするためのアカウントを入学時に登録済みで @uのメールアドレス宛てに通知されています.


2016.9.9
図書館情報メディア系教育・研究支援委員会
システム管理グループ

お問い合わせは,電子メール(ipc@slis.tsukuba.ac.jp)または電話 (029-859-1241,学内からは81241 平日9:00-17:00)でシステム管理グループまで.