サクラエディタについて



サクラエディタ+TeX

サクラエディタはWindows上で動作するフリーのテキストエディタです.

キーワードによる色分け,入力補完などに対応, さらに,マクロを用いることで各種TeX用のコマンドをエディタから呼び出せるようにできます.

マクロ

サクラエディタのマクロは様々なところで公開されています. TeX用のマクロとしては,SakuraEditorWikiの投稿マクロなどを参照.

マクロの基本的な登録方法は以下.

  1. マクロの内容をtex.jsなどのファイル名でテキストとして保存.
  2. tex.jsを[サクラエディタインストールディレクトリ]/macro フォルダに移動.
  3. サクラエディタを起動し,設定->共通設定->マクロを開く.
  4. 一番上のテキストボックスに書かれているパス(マクロ一覧の文字の右)が先程ファイルを移動したディレクトリと一致しているか確認(異なっていたら変更).
  5. マクロ一覧から空いている番号(もしくは置き換えたい番号)の欄 or Idを選択.
  6. 名前を設定(TeXコンパイル+DVI表示 など).
  7. Fileで先程のマクロファイル名を選択.
  8. 設定ボタンを押し,共通設定ダイアログを閉じる.
  9. (必要ならば共通設定ダイアログのキー割り当てタブでショートカットキーを割り当てられる.種別のところで「外部マクロ」を選べば上で設定したマクロが出てくる.)
sakura_macro_dlg.jpg

TeXコンパイル+Dvioutで表示 マクロ

  1
  2
  3
  4
  5
  6
  7
  8
  9
 10
 11
 12
 13
 14
 15
 16
 17
 18
 19
 20
// TeXマクロ for サクラエディタ : TeXコンパイル
var objShell = new ActiveXObject("WScript.Shell");
 
//var TexCommand = "platex -src ";    // TeXコマンド(環境変数Pathに通してある場合)
//var DviCommand = "dviout -1 ";        // Dvioutコマンド(環境変数Pathに通してある場合)
var TexCommand = "c:/usr/ptex/bin/platex -src ";        // TeXコマンド
var DviCommand = "c:/usr/ptex/dviout/dviout.exe -1 ";    // Dvioutコマンド(-1は複数起動防止用オプション)
 
var FileName;        // 元ファイル名
var TeXFileName;    // TeXファイル名
var DviFileName;    // DVIファイル名
 
Editor.FileSave();                // ファイル上書き保存
FileName = Editor.GetFileName();    // 現在開いているファイルパスの取得
 
TeXFileName = FileName;
DviFileName = FileName.replace("tex", "dvi");
 
objShell.Run(TexCommand+TeXFileName, 1, 1);    //TeXコンパイラ実行
objShell.Run(DviCommand+DviFileName, 1, 0);    //DVIビューアの実行

最後の行をコメントアウトすれば単純にTeXコンパイルのみになります.

BibTeXコンパイル マクロ

  1
  2
  3
  4
  5
  6
  7
  8
  9
 10
 11
 12
 13
// TeXマクロ for サクラエディタ : bibtexコンパイル
var objShell = new ActiveXObject("WScript.Shell");
 
//var BibCommand = "jbibtex ";                    // BibTeXコマンド(環境変数Pathに通してある場合)
var BibCommand = "c:/usr/ptex/bin/jbibtex ";    // BibTeXコマンド
 
var FileName;        // 拡張子を除いたファイル名
 
Editor.FileSave();    // ファイル上書き保存
FileName = Editor.GetFileName();
FileName = FileName.substring(0, FileName.length-4);
 
objShell.Run(BibCommand+FileName, 1, 0);    // BibTeX

TeX+BibTeXコンパイル マクロ

BibTeXコンパイルの内容を反映するには,

  1. TeXコンパイル - 目次や参考文献の参照情報に関するauxファイルを生成
  2. BibTeXコンパイル - 参照情報に基づき参考文献欄に記述すべき文献情報をまとめたbblファイルを生成(bblファイルの中身はthebibliography環境による参考文献が記述されている).
  3. TeXコンパイル - bblファイルに基づき参考文献リストを作成
  4. TeXコンパイル - 参考文献リストに基づく参照番号を本文に反映

の順で実行する必要があります.

  1
  2
  3
  4
  5
  6
  7
  8
  9
 10
 11
 12
 13
 14
 15
 16
 17
 18
 19
 20
 21
 22
 23
 24
 25
 26
 27
// TeXマクロ for サクラエディタ : TeX+BibTeXコンパイル, Dviout表示
var objShell = new ActiveXObject("WScript.Shell");
 
//var TexCommand = "platex -src ";                        // TeXコマンド(環境変数Pathに通してある場合)
//var DviCommand = "dviout -1 ";                        // Dvioutコマンド(環境変数Pathに通してある場合)
//var BibCommand = "jbibtex ";                            // BibTeXコマンド(環境変数Pathに通してある場合)
var TexCommand = "c:/usr/ptex/bin/platex -src ";        // TeXコマンド
var DviCommand = "c:/usr/ptex/dviout/dviout.exe -1 ";    // Dvioutコマンド(-1は複数起動防止用オプション)
var BibCommand = "c:/usr/ptex/bin/jbibtex ";            // BibTeXコマンド
 
var FileName;        // 元ファイル名
var TeXFileName;    // TeXファイル名
var DviFileName;    // DVIファイル名
var BibFileName;    // 拡張子を除いたファイル名
 
Editor.FileSave();                // ファイル上書き保存
FileName = Editor.GetFileName();    // 現在開いているファイルパスの取得
 
TeXFileName = FileName;
DviFileName = FileName.replace("tex", "dvi");
BibFileName = FileName.substring(0, FileName.length-4);
 
objShell.Run(TexCommand+TeXFileName, 1, 1);    //TeXコンパイラ実行
objShell.Run(BibCommand+FileName, 1, 1);    // BibTeX
objShell.Run(TexCommand+TeXFileName, 1, 1);    //TeXコンパイラ実行
objShell.Run(TexCommand+TeXFileName, 1, 1);    //TeXコンパイラ実行
//objShell.Run(DviCommand+DviFileName, 1, 0);    //DVIビューアの実行

キーワード強調(色分け表示)

キーワードファイル(*.kwd)を用いて,色分け表示をすることができます. インストーラを用いてインストールした場合,TeX用の色分け設定はすでにされていますが, 標準以外のkwdファイルを用いたいなどもあるので,キーワードの登録方法を以下に載せておきます.

  1. kwdファイルを用意する.インターネットで配布されているのを探すか,自身で作成するか,サクラエディタに同梱されているものを用いる. インストーラを用いてサクラエディタをインストールした場合,インストールフォルダのkeywordフォルダに各種kwdファイルが用意されている.
  2. 共通設定の強調キーワードタブを開いて設定する.
    1. セット追加ボタンをクリック,セット名を入力
    2. インポートボタンをクリック,kwdファイルを選択.強調キーワードの一覧が表示されたことを確認
  3. タイプ別設定一覧から設定を選択して,設定変更ボタンをクリック.
  4. タイプ別設定ダイアログのカラータグ,強調キーワード欄から割き補と登録したセット名を選択する.

入力補完

キーワードファイルを用意することで入力補完することができます. キーワードファイルは,ここからいただくか, kwdファイルを元に自身で作成しても良いでしょう.

  1. タイプ別設定 -> 支援タブの入力補完機能の単語ファイルを設定
  2. 途中まで入力したら Ctrl+Space で入力候補が表示される

私はCtrl+SpaceはTeXコンパイルマクロに設定してあり,入力補完は Ctrl+/ に設定しています.


添付ファイル: filesakura_macro_dlg.jpg 456件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-10-27 (木) 15:09:18 (2818d)