Top / Publications / 2016

2016年度

著書(共著)

  1. メタデータ利用を支える技術

学術雑誌論文(査読あり)

  1. FRSADとLinked Dataに基づく主題情報共有システム

国際会議発表(査読あり)

  1. DOI Links on Wikipedia: Analyses of English, Japanese, and Chinese Wikipedias

国内会議発表(招待講演)

  1. resolution logに基づくDOIリンクの参照状況の分析
    • 吉川次郎
    • ジャパンリンクセンター「第3回対話・共創の場」, 東京, (2017-03)
  2. 書誌データのシステム活用に向けて
    • 高久雅生
    • 平成28年度書誌調整連絡会議, 東京 (2017-03)
  3. 教科書LOD
  4. ウィキペディアタウン筑波山: 自治体との協働による情報発信
    • 関洋平, 高久雅生
    • ウィキペディアタウンサミット2017, 京都 (2017-03)
  5. アクセスログに基づくJaLC DOIのアクセスの動向 + 研究内容の紹介 [招待有り]
  6. Wikipediaとは? Wikipediaの編集方針

国際会議発表(査読なし)

  1. Evaluating Complex Interactive Searches Using Concept Maps
    • Yuka Egusa, Masao Takaku, Hitomi Saito
    • Supporting Complex Search Tasks Workshop (CHIIR 2017 Workshop), Oslo, Norway, CEUR Workshop Proceedings, vol.1798, 3p. (2017-03)
    • http://ceur-ws.org/Vol-1798/
  2. Scholarly Communication through Wikipedias: Duplicates of DOI Links among English, Japanese and Chinese Wikipedia
    • Jiro Kikkawa, Masao Takaku
    • International Conference on Media Usage and Cross-cultural Communication under the Digital Era (Workshop of TGSW 2016), Tsukuba (2016-09)
  3. IRCE at NTCIR-12 IMine-2 Task

国内会議発表(査読なし)

  1. 検索意図を考慮したナビゲーション支援システム
    • 宋曦媚, 高久雅生
    • 第9回Webインテリジェンスとインタラクション研究会, 東京, pp.1-6 (2016-12)
  2. 唐詩情報のLinked Data化に向けて
    • 叢艶, 高久雅生
    • Code4Lib JAPAN Conference 2016, 大阪 (2016-09)
  3. Wikipedia上の学術情報のLOD化に向けた予備的分析
    • 吉川次郎, 高久雅生, 加藤文彦, 大向一輝, 武田英明
    • 第39回セマンティックウェブとオントロジー研究会, 東京, 10p. (2016-09)
  4. 唐詩情報のLinked Open Data化とその利活用の試み
    • 叢艶, 江草由佳, 高久雅生
    • 第39回セマンティックウェブとオントロジー研究会, 東京, 6p. (2016-09)
  5. Wikipedia上のJ-STAGEコンテンツの分析: 研究分野を中心に
  6. 唐詩情報のLinked Data化の試み
  7. 電子書籍と紙の書籍の購入のための比較項目
    • 縵沢奈穂美, 高久雅生
    • 第24回情報知識学会年次大会, つくば, 情報知識学会誌, vol.26, no.2, pp.165-173 (2016-05)
    • DOI: http://doi.org/10.2964/jsik_2016_015

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-01 (土) 14:53:36 (330d)