ホーム > 春日キャンパス情報基盤システム > メールサーバ

電子メールサービス

メールサーバの概要とメールクライアントの設定方法について説明します.

Webメールの提供

電子メールを送受信するソフトウェアをメールクライアント(Mail User Agent, MUA)と呼びます. メールクライアントを大別するとPC上の専用ソフトウェアとWebメールの2種類に分かれます. 前者は一般に機能が豊富で処理も高速ですが, 電子メールを送受信するためにはある程度の設定が必要です. また,そうした設定が保存しておける「自分のPC」が必要になります. Webメールはインターネットに接続できるWebブラウザさえあれば 設定なしにメールの読み書きができることから,出先等での一時的使用に適しています. メールサーバに直接ログインしてメールを読む方法は提供していません.

本システムではOffice365 によるWebメール機能を提供しています. 一般的なWebブラウザから, https://portal.microsoftonline.com/ でアクセスできます.

セキュリティ上の危険を避けるために,Webメール使用中は他のサイトの閲覧をしないこと, Webメール終了時にWebメールの「サインアウト」を実行するか,ブラウザを終了することの二点に留意してください. また,公共の場所で提供されている端末等,不正プログラムの有無という点で安全性に信頼が置けない機器から Webメールを利用することで,パスワード等入力内容を盗まれる恐れもあります.

メールを読む手段
方法 必要なもの 設定作業 メールの保存場所 セキュリティ
Webメール Webブラウザ 不要 メールサーバ(IMAP) 使用後ログアウトすること
PC上のソフト 自分のPC 必要 メールサーバ(IMAP)
またはPC(POP)

メールの転送

Webメールの「オプション」画面で設定してください. 参考:転送設定方法

また,「オプション」メニューから「メールの整理」を選択すると, サーバへの着信時点で差出人や本文中のキーワード等の条件によって, 「受信箱(受信トレイ)」以外の既存のメールフォルダに振り分けたり,別のメールアドレスに転送することができます. この振り分け機能は,Webメール利用とは無関係に,メール着信時にサーバが自動処理するものなので, PC上のメールクライアントでメールを読む人にも役に立ちます.

容量の上限

本システムで一通のメールとして送受信できる最大の大きさは25MBです. ただし相手サーバと経路上のメールサーバがどのように制限するかで, 実際に送受信できるかが決まります.

本システムではユーザごとに50GBの総容量制限がかけられています. 未読のメールと既読でサーバ上に保存されているメールの合計容量を規定以下に保ってください. 使用量は,Webメールの「設定-オプション-アカウント」で確認できます.

本システムで提供するWebメールを含め,通常のメールクライアントではメールを「削除」しても, 「ゴミ箱」フォルダに移動するだけで削除はしません.「ゴミ箱を空にする」と本当に削除されます.

メール送受信時の認証

メールクライアントでメール送信を実行すると,そのメールはSMTPサーバとして設定されたサーバに転送されます. SMTP送信(Submission)ポート(587/TCP)あるいはSMTP over SSL(465/TCP)を用いたメール送信を設定してください.

送受信時に認証する際のパスワード漏洩の危険性を減ずるため, 本システムでは平文パスワードをネットワーク越しに使用することを禁止しています. 下記の認証方式で接続できるメールクライアントをご使用ください. なお,一部のメールクライアントが標準的な暗号化認証に対応していないので, 平文パスワード認証自体はサポートしますが, SSLによって保護された接続(IMAP over SSL/POP over SSL/SMTP over SSL)でだけ利用できます. 代表的なメールクライアントの設定方法は, 「メールクライアントの設定方法」の項をご覧ください.

送受信プロトコルポート番号SSL/TLSサーバ名
送信 SMTP Submission 587/tcp TLS smtp.office365.com
受信 IMAP over SSL 993/tcp SSL outlook.office365.com
POP over SSL 995/tcp SSL outlook.office365.com

POP vs IMAP

POPとIMAPは メールサーバに蓄えられたメールを 読むための二種類の方法です. PC上の専用ソフトウェアで電子メールを読む上で, POPとIMAPのどちらの方法でメールを読むかを決めなければなりません(WebメールはIMAPを使用します). POPは常時接続でない環境,かつ1台のPCだけでメールを 読む場合に適した方法で, IMAPは複数のPCでメールを読んだり, 常時接続の環境でメールを読む場合に適した方法です. IMAPの場合メールはメールサーバ上に置かれたままになります. どちらの方法も,メールを読むためにユーザ認証(パスワードによる本人確認)が必要です.

本システムはどちらの方法でも接続可能ですが,特に理由がない場合にはIMAP接続を推奨しています.

メールクライアントの設定方法

代表的なメールクライアントの設定例です.


2014.4.18
図書館情報メディア研究科教育・研究支援委員会
システム管理グループ