これまでの研究成果発表の一覧です。

-[[2016年度>#fy2016]]
-[[2015年度>#fy2015]]
-[[2014年度>#fy2014]]
-[[2013年度>#fy2013]]

//雛形:
//*年度
//**国際会議発表(査読あり)
//**国際会議発表(査読なし)
//**解説記事(総説)
//**国内会議発表(招待講演)
//**国内会議発表(査読なし)

#include(Publications/2016,notitle)
#include(Publications/2015,notitle)
#include(Publications/2014,notitle)
#include(Publications/2013,notitle)

* 2015年度 [#fy2015]

** 国際会議発表(査読なし) [#e06f3fe0]

-Evaluation of real web search engines for diversified search intents
--Song Ximei, Masao Takaku
--Asia Summer School in Information Access (ASSIA 2015); Taipei, Taiwan; (2015-08)

**解説記事(総説) [#ibd9b6f9]

-Web API入門に向けて
--高久雅生
--大学の図書館; vol.34; no.4; pp.50-51; (2015-05)

**国内会議発表(招待講演) [#rfe6daa1]

-検索の前後における利用者のコンセプトマップの分析: 検索の有無による比較
--齋藤ひとみ, 江草由佳, 高久雅生
--Webインテリジェンスとインタラクション研究会 第3回ステージ発表; 東京; (2015-11)
-Linked Dataの概要と課題
--高久雅生
--第63回日本図書館情報学会研究大会シンポジウム; 東京; (2015-10)
--[Slides] http://www.slideshare.net/tmasao/20151018-jslislodsympotakaku

**国内会議発表(査読なし) [#g761e216]

-アクセスログに基づくDOIリンクの参照状況の分析: JaLC DOIを対象に
--吉川次郎, 高久雅生, 武田英明, 逸村裕
--三田図書館・情報学会 2015年度研究大会; 東京; (2015-11)
--http://www.mslis.jp/am2015yoko/05_kikkawa_rev.pdf
-日本語版および英語版Wikipedia におけるDOIリンクの重複分析
--吉川次郎, 佐藤翔, 高久雅生, 逸村裕
--第14回情報メディア学会研究大会; 京都; pp.27-30; (2015-06)
--http://hdl.handle.net/2241/00125076
--[Poster] http://www.slideshare.net/jir_o/jsims20150627-poster-kikkawa
-日本語版WikipediaにおけるDOIリンクの予備的分析
--吉川次郎, 高久雅生, 逸村裕
--第23回情報知識学会年次大会; 東京; 情報知識学会誌; vol.25; no.2; pp.160-165; (2015-05)
--http://hdl.handle.net/2241/00124652
--DOI: http://doi.org/10.2964/jsik_2015_012
-うろ覚えマンガに対する質問分析の試み
--渡辺葵, 高久雅生
--第23回情報知識学会年次大会; 東京; 情報知識学会誌; vol.25; no.2; pp.172-179; (2015-05)
--http://hdl.handle.net/2241/00124662
--DOI: http://doi.org/10.2964/jsik_2015_013

*2014年度 [#fy2014]

**学術雑誌論文(査読あり) [#h37e40c8]

-疎結合構成によるFRBRモデルに基づく書誌情報システム
--田辺浩介, 常川真央, 高久雅生, 江草由佳
--情報知識学会誌; vol.24; no.3; pp.321-341; (2014-10)
--DOI: http://doi.org/10.2964/jsik_2014_031

**国際会議発表(査読あり) [#gbf53725]

-Simple Document-by-Document Search Tool “Fuwatto Search” using Web API
--Masao Takaku, Yuka Egusa
--16th International Conference on Asia-Pacific Digital Libraries (ICADL); Chiang Mai, Thailand; Lecture Notes in Computer Science (LNCS); vol.8839; pp.312-319; (2014-11)
--http://hdl.handle.net/2241/00123668
--DOI: http://doi.org/10.1007/978-3-319-12823-8_32
-How Concept Maps Change if a User Does Search or Not?
--Yuka Egusa, Masao Takaku, Hitomi Saito
--The Information Interaction in Context : IIiX 2014; Regensburg, Germany; pp.68-75; (2014-08)
--http://hdl.handle.net/2241/00123666
--DOI: http://doi.org/10.1145/2637002.2637012

**国際会議発表(査読なし) [#ta5d57d1]
-How to Evaluate Searching as Learning
--Yuka Egusa, Masao Takaku, Hitomi Saito
--Searching as Learning Workshop (IIiX 2014 workshop); Regensburg, Germany; pp.40-43; (2014-08)
--http://www.diigubc.ca/IIIXSAL/Papers/Egusaetal.pdf

**解説記事(総説) [#x18c5e85]

-Web APIの過去・現在・未来
--高久雅生
--情報の科学と技術; vol.64; no.5; pp.162-169; (2014-05)
--http://ci.nii.ac.jp/naid/110009810692
--http://hdl.handle.net/2241/121387

** 国内会議発表(査読なし) [#wb4cf0c7]

-検索の前後における利用者のコンセプトマップの分析: 検索の有無による比較
--齋藤ひとみ, 江草由佳, 高久雅生
--第5回ARG-WI2研究会; 東京; no.5; pp.75-80; (2014-11)
-FRBRに基づく件名・分類管理システムの試作: 教科書分類を例として
--田辺浩介, 江草由佳, 高久雅生
--第22回情報知識学会年次大会; 和歌山; 情報知識学会誌; vol.24; no.2; pp.99-105; (2014-05)
--DOI: http://doi.org/10.2964/jsik_2014_004

*2013年度 [#fy2013]

**著書(共著) [#g6e62393]
 
-情報検索: 情報の収集と探索の方法
--高久雅生, 香川大学総合情報センター(編)
--大学新入生のための情報リテラシー; 学術図書出版社; pp.10-17; (2014-03) (ISBN:978-4-7806-0389-7)

**学術雑誌論文(査読あり) [#p62256b1]
-Researcher Name Resolver: Identifier management system for Japanese researchers
--Kei Kurakawa, Hideaki Takeda, Masao Takaku, Akiko Aizawa, Ryo Shiozaki, Shun Morimoto, Hideki Uchijima
--International Journal on Digital Libraries; vol.14; no.1; pp.39-58; (2014-02)
--DOI: http://doi.org/10.1007/s00799-014-0109-z

**解説記事(総説) [#vf0eca7b]

-図書館サービスとオープンソースソフトウェア
--高久雅生
--情報の科学と技術; vol.64; no.2; pp.48-53; (2014-02)
--http://ci.nii.ac.jp/naid/110009767460
--http://hdl.handle.net/2241/120865

**国内会議発表(査読なし) [#z223647e]

-「ふわっと関連検索」のこれまでとこれから
--高久雅生
--Code4Lib JAPANカンファレンス2013; 南三陸町; (2013-08)
--[Slides] http://www.slideshare.net/tmasao/ss-25786099
-疎結合構成によるFRBRモデルに基づく目録システムの試作
--田辺浩介, 高久雅生, 江草由佳
--第21回情報知識学会年次大会; 東京; 情報知識学会誌; vol.23; no.2; pp.219-228; (2013-05)
--http://hdl.handle.net/2241/119344
--DOI: http://doi.org/10.2964/jsik.23_219


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS