長期履修制度 |

長期履修制度

博士前期課程における長期履修制度について

図書館情報メディア研究科では、職業等に従事しながら学習を希望する人々の学習機会を一層拡大する観点から、博士前期課程において長期履修制度を導入しています。長期履修生は本来2年間で修得すべき単位を3年または4年かけて修得しますが、修了までの授業料合計額が2年で修了する人と同額になります。計画的に時間をかけて修了をめざす人のための制度です。

【対象者】
職業等を有している等の事情により、標準修業年限(2年間)では大学院の教育課程の履修が困難な者で、課程を修了するにあたり、予め修業年限を超えて計画的に教育課程を設定することを希望する者とします。
※「職業等を有する者」とは、職業を有する者のほか、育児をする者、介護をする者などを含む。

【授業料の納付】
長期履修を許可された者の授業料の年額は、当該履修を認められた期間に限り、標準修業年限に納付すべき授業料の年額に当該課程の標準修業年限に相当する年数を乗じて得た額を長期履修期間の年数で除した額とします。(詳細は、「長期履修制度に伴う授業料納付額一覧」をご覧ください。)

【申請時期】
1年次からを希望する者は、入学手続き期間に事前相談による図書館情報メディア専攻長の了承を得た上で、入学手続期間内に関係書類を図書館情報メディア研究科長に提出してください。
2年次からを希望する者は、4月入学者は1年次の1月末までに、10月入学者は1年次の6月末までに、同様の手続きを行ってください。                              

【申請書類】
・長期履修申請書
・長期履修計画書
・証明書類貼付用紙(長期履修を必要とする証明書等)
PDF/Word

◇長期履修期間の変更について

【長期履修の期間変更】
長期履修を許可された者が、許可された長期履修の期間を変更する必要が生じたときは、図書館情報メディア専攻長等による事前相談により了承を得た上で、関係書類を申請期限までに大学院教務へ提出してください。 

【期間変更に係る申請書類】
・長期履修計画変更願
・長期履修変更計画書

・証明書類貼付用紙(期間変更が必要な事由を証明する書類等)

【期間変更の申請期限】
(1) 期間延長の申請期限は、4月入学者にあっては許可された長期履修期間最終年次の前年度の1月末まで、10月入学者にあっては許可された長期履修期間最終年次が始まる年の6月末までとする。
  例:4月入学者で、長期履修期間が3年間の場合、2年次の1月末が申請期限となる。
  例:10月入学者で、長期履修期間が3年間の場合、2年次の6月末が申請期限となる。
(2) 期間短縮の申請期限は、4月入学者にあっては許可された長期履修期間最終年次の前々年度の1月末まで、10月入学者にあっては許可された長期履修期間最終年次が始まる前年の6月末までとする。ただし、長期履修期間を4年から2年に短縮する場合は、4月入学者にあっては1年次の1月末まで、10月入学者にあっては1年次の6月末までとする。
  例:4月入学者で、長期履修期間4年間を3年間に変更の場合、2年次の1月末が申請期限となる。
  例:10月入学者で、長期履修期間4年間を3年間に変更の場合、2年次の6月末が申請期限となる。

ページ先頭へ戻る