図書館情報メディア研究科

入試情報

・2月期入試日程

※出願期間終了日が例年より早くなっていますのでご注意ください。

博士前期課程 図書館情報学キャリアアッププログラム選抜の試験科目変更について

出張説明会を実施しています 

2018年度大学院説明会は終了しました。
2019年度大学院説明会については、2019年3月上旬掲載予定です。

イベント情報

Big Data MBA: Driving Business Strategies with Data Science

講演者:Bill Schmarzo (CTO IoT and Analytics, Hitachi Vantara)

・日時:11月20日(火)
  14:00 - 15:00
・場所:筑波大学
  春日エリア 7B310(大会議室)

事前申込みは不要です。

---------------------------
シンポジウム「図書館の未来のかたち―つくば市の図書館のこれからを考える―」

・日時:11月24日(土)13:30 - 17:00
・場所:つくば市役所2階201会議室
・主催:筑波大学図書館情報メディア系
・共催:つくば市

詳しい情報はこちらをご覧下さい。

大型プロジェクト

日本‐台湾研究交流「高齢難聴者を対象としたインクルーシブ音デザイン:音環境の分析とガイドライン構築」(寺澤洋子助教

戦略的創造研究推進事業(CREST)「計算機によって多様性を実現する社会に向けた超AI基盤に基づく空間視聴触覚技術の社会実装」(落合陽一准教授

戦略的創造研究推進事業(CREST)「CyborgCrowd:柔軟でスケーラブルな人と機械の知力集約」(森嶋厚行教授

リサーチユニット・リサーチグループ

リサーチユニット・リサーチグループ

お知らせ

2018/11/15

11月24日(土)13:30~17:00にシンポジウム「図書館の未来のかたち―つくば市の図書館のこれからを考える―」を開催します。場所はつくば市役所2階201会議室です。詳しい情報はこちらをご覧下さい。

2018/11/13

11月20日(火)14:00~15:00に講演会 Big Data MBA: Driving Business Strategies with Data Science を開催します。講演者は Bill Schmarzo 氏(CTO IoT and Analytics, Hitachi Vantara)で,場所は筑波大学春日エリア 7B310(大会議室)です。[ポスター]

2018/11/02

准教授の公募(締切:11/26)
図書館情報メディア系では多層化された知識資源に関する教育研究を行う准教授を募集します。詳細はこちら,応募書類の参考様式はこちらをご覧下さい。

[ これまでのお知らせ一覧 ]

受賞・採択・メディア

2018/11/07

小泉公乃助教の学術書 Inherent Strategies in Library Management (Oxford; Elsevier: Chandos Publishing, 2017)が,第47回日本図書館情報学会賞を受賞しました。

2018/11/06

宇陀・松村研究室が雙峰祭グランプリ2018において,最も奇抜な学術企画に贈られる学術部門特別賞を受賞しました。企画名は「近未来サイバーフィジカルランド」で,スクリーンに投影された「走れメロス」のクライマックスシーンを2人で走りながら読む装置「走れメロズ」等が評価されました。[参考ページ]

2018/10/27

井上智雄教授の研究が,毎日新聞と東京新聞で紹介されました。記事タイトルはそれぞれ「ニッポンの食卓 第4部 誰と食べる?2」,「未来を探る 新しい食卓 ITで共食」です。前者は有料記事としてこちらからご覧頂けます。

2018/09/30

菅原知倫さん(指導教員:鈴木伸崇准教授)が WebDB Forum 2018 で企業賞(フューチャー株式会社賞)および学生奨励賞を受賞しました。[参考情報]

2018/09/21

Chen Xinnan さん(指導教員:若林啓助教)が WebDB Forum 2018 で学生奨励賞を受賞しました。[参考情報]

[ これまでの受賞等一覧 ]

         

国際活動

2018/06/20

タイ王国コンケン大学応用科学・工学部(ノンカイキャンパス)からの代表団が来学。学部長らが図書館情報メディア系を訪れ,系長,研究科長らと情報学分野における研究及び学生交流の深化に向け懇談を行いました。

2018/03/14

筑波大学図書館情報メディア系とロシア国立人文大学歴史アーカイブズ学院(RGGU)の間で,アーカイブズ学及び情報学その他の関連分野に関する研究及び教育に関する交流協定が締結されました。

 

ページ先頭へ戻る