図書館情報メディア研究科

入試情報

2016大学院説明会の日程を公開しました(詳しくはこちら)

平成29年度図書館情報メディア研究科募集要項を公開しました

出張説明会を実施しています

イベント情報

2016/9/26
第136回知的コミュニティ基盤研究センター研究談話会
タイトル:「群衆の知を引き出す人工知能技術」
講演者:馬場 雪乃 氏 (京都大学大学院 情報学研究科 助教)
日時:2016年9月26日(月) 11:00 - 12:00
場所:筑波大学 筑波キャンパス 春日エリア 情報メディアユニオン3階 共同研究会議室1

2016/10/30
第2回 ウィキペディアタウン筑波山(申込〆切10/7)
日時:10月30日(日) 9:00〜17:00
概要:筑波山地域ジオパークの見どころを歩いて、ガイドから街の歴史やジオに関する情報収集し、ウィキペディア(インターネット上の事典)のページを執筆・編集するワークショップです。(詳細)

大型プロジェクト

日本学術振興会『課題設定による先導的人文・社会科学研究推進事業』「高齢者の生活行動データベースの構築および可視化による振り返り学習の実践

リサーチユニット・リサーチグループ

リサーチユニット・リサーチグループ

お知らせ

2016/08/24

第19回ホームカミングデーが開催されます.お誘いあわせの上ぜひご参加ください.

  • 対象者:
    ・学群:平成4年度入学の卒業生及びご家族
    ・大学院:平成8年度大学院入学の修了生及びご家族
    ・退職教員及びご家族
  • 開催日時:11月6日(日) 11時 受付開始/12時 開会(2時間程度を予定) 

  • 場所:筑波大学大学会館1Fレストランプラザ

2016/04/12

図書館情報メディア研究科では,修士論文を公開しています.詳細はこちらのページをご覧ください.

2016/04/12

平成28年3月31日をもちまして,図書館流通センター図書館経営寄附講座は終了いたしました.同寄附講座の活動を総括する記念式典が去る3月15日に開催され,株式会社図書館流通センターの皆様,修了生,本学教員が多数参加し,盛会のうちに幕を閉じました.10年間と長きに渡り開講できましたのも,株式会社図書館流通センターの皆様、全国の受講生の皆様のご支援の賜物と心より感謝いたします.

受賞・採択・メディア

2016/09/21

長尾悠真さん(指導教員:鈴木伸崇准教授)がWebDB Forum 2016にて学生奨励賞を受賞 [WebDB Forum 2016アワード]

2016/08/27

畔田暁子さん(指導教員:平久江祐司教授、鈴木佳苗准教授)がICoME2016 (International Conference for Media in Education 2016)にてYoung Scholar Awardを受賞 [ICoME2016, プログラム(PDF)]

2016/08/27

松山麻珠さん(指導教員:池内淳准教授)、池内淳准教授が情報メディア学会第15回研究大会最優秀ポスター賞を受賞 [情報メディア学会研究大会報告]

2016/08/08

関洋平准教授と水戸市の共同研究による「ツイッターで市民の意見を把握する実験」が日経新聞(8月6日)に掲載

2016/07/27

野沢健人さん(指導教員:若林啓助教)が2016年度コンピュータサイエンス領域奨励賞を受賞 [詳細]

[ これまでの受賞等一覧 ]

         

国際活動

2016/06/09

図書館情報メディア系は,2016年9月19日にデジタル時代におけるメディア使用と異文化コミュニケーションに関する国際会議を開催します。本国際会議では,いかにすれば,他の地域・国々との異文化コミュニケーションを促進し,効果的なプラットフォームを提供することができるかを議論する為に,メディア・コミュニケーション学や,社会心理学,異文化心理学などの関連分野の研究者を招へいし,彼らの研究成果と優れた経験を共有するとともに,国際的な議論の場を提供することを目的とします。また,当日は若手研究者(特に大学院生)によるポスター発表も行う予定ですので,ぜひ奮って参加してください。

TGSW2016URLはこちら(No.21):

http://www.kokuren.tsukuba.ac.jp/TGSW2016/program/program_j.html 

2015/03/03

図書館情報メディア研究科,図書館情報メディア系では,ベトナム国立図書館と学術交流協定を更新しました。この協定は,2004年から10年以上にわたり続いているもので,今回の更新により,更に5年間延長されました。同国立図書館は,ベトナムの様々な館種の図書館を支援しているだけでなく,広くアセアン諸国の国立図書館とも協力関係にあります。同図書館とは,今後図書館情報学に関する調査研究,図書館サービスや情報の交換,人的交流等を通じて友好と協力関係を深めていくことが期待されます。

 

ページ先頭へ戻る